[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

タンパク質を華麗に模倣!新規単分子クロリドチャネル

[スポンサーリンク]

クロリドチャネル(Chloride Channel: ClC)タンパク質に匹敵する高いクロリド選択性に加えpH応答性を示す単分子チャネルが開発された。先行研究の単分子チャネルにヒドロキシ基を導入したことが鍵である。

生体イオンチャネルと人工クロリドチャネル

生体において、イオンは細胞の浸透圧や筋細胞と神経細胞の働きに深く関わる。そのため、生物は膜貫通タンパク質である生体イオンチャネルによりイオン濃度を調節している。各種生体イオンチャネルはその構造で特定のイオンを透過するが、中でも生体内に多く存在するクロリド(Cl)の選択的チャネルの果たす役割は大きい(図1A)。代表例にクロリドチャネル(ClC)タンパク質があり、生体内に広く分布し細胞の基本的機能に深く関与することが知られる[1]

クロリドチャネルの研究ツールとしての活用や関連疾患に対する治療法の開発を目指し、クロリドチャネルの機能を模倣した分子(人工クロリドチャネル)が研究されてきた[2]。多数の報告がある中で、クロリドの透過性の向上を狙いアニオン–π相互作用やハロゲン結合を利用する巧みな分子設計が報告されている[3]。しかし、依然として生体イオンチャネルに比べクロリド選択性が低く、ClCタンパク質がもつpH応答性を示すものは少ないという課題が残る[4]

以前筆者らは、末端にカルボン酸部位をもちClCタンパク質構造を模倣した人工クロリドチャネルを報告している(図1C)[5]。しかし、カリウムイオンに対するクロリドの選択性PCl–/PK+ = 1.90は高くなかった。そこで、今回チャネルの中心にヒドロキシ基を導入することで、水素結合によりアニオン選択性が向上した。また、新規クロリドチャネルはpH応答性を示すことも明らかとなった。

図1. (A) クロリドチャネル (B) 人工クロリドチャネルの部分構造とクロリドとの相互作用 (C) 新規クロリドチャネル

 

“An Artificial Single Molecular Channel Showing High Chloride Transport Selectivity  and pH-Responsive Conductance”

Huang, W.-L.; Wang, X.-D.; Ao, Y.-F.; Wang, Q.-Q.; Wang, D.-X. Angew. Chem., Int. Ed. 2023, 62, e202302198.

DOI: 10.1002/anie.202302198

論文著者の紹介

研究者 : Qi-Qiang Wang (王其强)

研究者の経歴

1999–2003 B.S., Wuhan University, China 

2003–2008 Ph.D., Institute of Chemistry, Chinese Academy of Sciences, China 

(Prof. Mei-Xiang Wang)

2008–2013 Postdoc, University of Kansas, USA (Prof. Kristin Bowman-James)

2014–2015 Postdoc, University of Amsterdam, The Netherlands (Prof. Joost N. H. Reek)

2015– Professor, Institute of Chemistry, Chinese Academy of Sciences, China

研究内容:アニオン–π相互作用の超分子化学への応用、超分子化合物の合成と物性評価、生体触媒を用いた反応開発、金属錯体の合成と物性評価

研究者 : De-Xian Wang (王德先)

研究者の経歴

1987–1991 B.S., Lanzhou University, China

1997–2003 Ph.D., Hebei University, China

1991–2002 Lecturer, Assistant Professor, Associate Professor, Hebei University, China 

2002–2004 Postdoc, Inha University, Korea

2004– Associate Professor, Professor, Institute of Chemistry, Chinese Academy of Sciences, China

研究内容:アニオン–π相互作用の超分子化学への応用、超分子化合物の合成と物性評価、金属錯体の合成と物性評価

論文の概要

著者らは、ベンゼンジオール2とジクロロトリアジン3の芳香族求核置換反応により大環状分子4を調製し、続く脱保護によりクロリドチャネル1を得た(図2A)[5, 6]

彼らはまず、合成した1がクロリドを透過するか確認した[5, 6]。ハロゲン感受性蛍光色素Lucigeninは、対アニオンが硝酸イオンからクロリドになると消光する。Lucigeninと硝酸ナトリウム溶液で満たされたリポソーム(Liposome)を含む塩化カリウム溶液に1を添加した際、Lucigeninの消光が確認できた(図2B)。これは、1によりクロリドがリポソームの膜を透過したことを示す。

続いて、1のアニオン選択性を調査した[5]。1を導入した平面脂質二重膜(BLM)で隔てた2つのチャンバーを濃度の異なる塩化カリウム水溶液で満たし(図2C左上図)、任意の電圧を印加した際に流れる電流を測定した(図2C下図)。pHの異なる条件で得られた電圧–電流の関係から、アニオン選択性PCl–/PK+および電流の流れやすさ(コンダクタンス: g)を算出した(図2C右上図)。その結果、アニオン選択性は、pH = 6においてPCl–/PK+ = 12.3となりClCタンパク質と遜色ない値となった。この高い選択性は、トリアジンとのアニオン–π相互作用に加え、新たに導入したヒドロキシ基との水素結合によるクロリドの安定化によって達成された(図2C右下図)。さらに、pH上昇に伴いPCl–/PK+とgの値が減少したため、1はClCタンパク質と同様にpH応答性を示すことが明らかとなった。1の末端カルボン酸(pKa ≈ 6)およびヒドロキシ基(pKa ≈ 8.21)のプロトンが脱離しアニオンとなり、クロリドとの間に反発が生じたためと考えられる。詳細な実験結果や他の物性に関しては本文を参照されたい。

図2. (A) 1の合成 (B) Lucigeninを用いた消光実験(論文から引用) (C) BLM測定(論文から引用)および1とクロリドとの相互作用

 

以上、高いクロリド選択性とpH応答性を併せもつ人工イオンチャネルが開発された。1はClCタンパク質と同様の性質を示すことから、医療分野への応用が期待される。

参考文献

  1. (a) Jentsch, T. J. Discovery of CLC Transport Proteins: Cloning, Structure, Function and Pathophysiology.J. Physiol., 2015, 593, 4091–4109. DOI: 1113/JP270043 (b) Jentsch, T. J.; Pusch, M. CLC Chloride Channels and Transporters: Structure, Function, Physiology, and Disease. Physiol. Rev. 2018, 98, 1493–1590. DOI: 10.1152/physrev.00047.2017
  2. (a) Brotherhood, P. R.; Davis, A. P. Steroid-Based Anion Receptors and Transporters. Chem. Soc. Rev. 2010, 39, 3633–3647. DOI: 1039/B926225N (b) Gale, P. A.; Davis, J. T.; Quesada, R. Anion Transport and Supramolecular Medicinal Chemistry. Chem. Soc. Rev. 2017, 46, 2497–2519. DOI: 10.1039/C7CS00159B
  3. (a) Vargas Jentzsch, A.; Matile, S. Transmembrane Halogen-Bonding Cascades. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5302–5303. DOI: 1021/ja4013276 (b) Gilday, L. C.; Robinson, S. W.; Barendt, T. A.; Langton, M. J.; Mullaney, B. R.; Beer, P. D. Halogen Bonding in Supramolecular Chemistry. Chem. Rev. 2015, 115, 7118–7195. DOI: 10.1021/cr500674c (c) Gorteau, V.; Bollot, G.; Mareda, J.; Perez-Velasco, A.; Matile, S. Rigid Oligonaphthalenediimide Rods as Transmembrane Anion–π Slides. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 14788–14789. DOI: 10.1021/ja0665747 (d) Mareda, J.; Matile, S. Anion–π Slides for Transmembrane Transport. Chem. Eur. J. 2009, 15, 28–37. DOI: 10.1002/chem.200801643
  4. (a) Okunola, O. A.; Seganish, J. L.; Salimian, K. J.; Zavalij, P. Y.; Davis, J. T. Membrane-Active Calixarenes: Toward ‘Gating’ Transmembrane Anion Transport. Tetrahedron 2007, 63, 10743–10750. DOI: 1016/j.tet.2007.06.124 (b) Xin, P.; Tan, S.; Wang, Y.; Sun, Y.; Wang, Y.; Xu, Y.; Chen, C.-P. Functionalized Hydrazide Macrocycle Ion Channels Showing pH-Sensitive Ion Selectivities. Chem. Commun. 2017, 53, 625–628. DOI: 10.1039/C6CC08943G (c) Zheng, S.; Jiang, J.; Lee, A.; Barboiu, M. A Voltage‐Responsive Synthetic Cl-Channel Regulated by pH. Angew. Chem., Int. Ed. 2020, 59, 18920–18926. DOI: 10.1002/anie.202008393
  5. Huang, W.-L.; Wang, X.-D.; Ao, Y.-F.; Wang, Q.-Q.; Wang, D.-X. Artificial Chloride-Selective Channel: Shape and Function Mimic of the ClC Channel Selective Pore. J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 13273–13277. DOI: 1021/jacs.0c02881
  6. (a) Wang, X.-D.; Li, S.; Ao, Y.-F.; Wang, Q.-Q.; Huang, Z.-T.; Wang, D.-X. Oxacalix[2]arene[2]triazine Based Ion-Pair Transporters. Org. Biomol. Chem. 2016, 14, 330–334. DOI: 1039/C5OB02291F (b) Huang, W.-L.; Wang, X.-D.; Li, S.; Zhang, R.; Ao, Y.-F.; Tang, J.; Wang, Q.-Q.; Wang, D.-X. Anion Transporters Based on Noncovalent Balance Including Anion–π, Hydrogen, and Halogen Bonding. J. Org. Chem. 2019, 84, 8859–8869. DOI: 10.1021/acs.joc.9b00561

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…
  2. 研究室クラウド設立のススメ(導入編)
  3. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  4. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!
  5. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  6. むずかしいことば?
  7. 化学素人の化学読本
  8. 相田卓三教授の最終講義をYouTube Live配信!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Pallambins A-Dの不斉全合成
  2. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する
  3. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  4. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  5. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで
  6. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  7. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  8. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?
  9. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  10. エリック・ベッツィグ Eric Betzig

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP