[スポンサーリンク]


ガン治療

  1. 磁力で生体触媒反応を制御する

    今回は、先月創刊されたことで話題のNature Catalysisから論文を紹介します。テーマは、酵素の反応を磁場で遠隔コントロールするという内容で、磁性ナノ粒子をうまく化学修飾することで、生体触媒の反応性を制御しています。磁力や光、超音波…

  2. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

    第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  2. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  3. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授
  4. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  5. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  6. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  7. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

注目情報

最新記事

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

PAGE TOP