[スポンサーリンク]

ケムステニュース

分子素子の働き せっけんで確認


AND logic gate単独の分子がコンピューター回路の素子と同様に働くことを、東京大学薬学部の内山聖一助手が初めて確認した。せっけんに分子を閉じ込める独創的な方法で、分子素子の研究に新しい一歩を踏み出した。米化学会誌に発表した。


 この分子は、光を出すアントラセン系の化合物。水素イオンとナトリウムイオンの両方を受け取ると光を出す。水素だけ、ナトリウムだけでは光らない。二つの入力信号がそろったときだけ出力信号を出すAND素子と同じ働きだ。(引用:東京新聞)


面白いですね。J. Am. Chem. Soc., 127, 8920 (2005).で報告されています。アミン()がアンモニウム塩になり、Naがクラウンエーテル()に取り込まれることによって光る(青の部分)そうです。こういう研究っていいですね。

 

関連書籍

 

 
ナノ・IT時代の分子機能材料と素子開発

 

「材料(素材)編」と「素子編」の2部構成で、広範な学際領域にわたる分子機能材料、分子素子の科学技術を集約し、さまざまな分野での現状と将来の可能性について解説する。

関連リンク

 

内山聖一のホームページ

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  2. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「…
  3. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  4. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  5. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  6. 2016年化学10大ニュース
  7. 「さびない鉄」産業界熱視線
  8. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  2. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  3. (R,R)-DIPAMP
  4. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  5. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  6. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  7. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  8. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!
  9. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  10. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP