[スポンサーリンク]

ケムステニュース

分子素子の働き せっけんで確認


AND logic gate単独の分子がコンピューター回路の素子と同様に働くことを、東京大学薬学部の内山聖一助手が初めて確認した。せっけんに分子を閉じ込める独創的な方法で、分子素子の研究に新しい一歩を踏み出した。米化学会誌に発表した。


 この分子は、光を出すアントラセン系の化合物。水素イオンとナトリウムイオンの両方を受け取ると光を出す。水素だけ、ナトリウムだけでは光らない。二つの入力信号がそろったときだけ出力信号を出すAND素子と同じ働きだ。(引用:東京新聞)


面白いですね。J. Am. Chem. Soc., 127, 8920 (2005).で報告されています。アミン()がアンモニウム塩になり、Naがクラウンエーテル()に取り込まれることによって光る(青の部分)そうです。こういう研究っていいですね。

 

関連書籍

 

 
ナノ・IT時代の分子機能材料と素子開発

 

「材料(素材)編」と「素子編」の2部構成で、広範な学際領域にわたる分子機能材料、分子素子の科学技術を集約し、さまざまな分野での現状と将来の可能性について解説する。

関連リンク

 

内山聖一のホームページ

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  3. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  4. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを…
  5. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  6. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  7. 第35回構造有機化学討論会
  8. 浅野・県立大教授が化学技術賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  2. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  3. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reagent
  4. EUで化学物質規制のREACHが施行
  5. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  6. ちょっとキレイにサンプル撮影
  7. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  8. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  9. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  10. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

かねてよりケムステでは有機合成化学協会とのコラボにより、協会誌の新着紹介に努めてきました。協会側もウ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP