[スポンサーリンク]

ケムステニュース

分子素子の働き せっけんで確認


AND logic gate単独の分子がコンピューター回路の素子と同様に働くことを、東京大学薬学部の内山聖一助手が初めて確認した。せっけんに分子を閉じ込める独創的な方法で、分子素子の研究に新しい一歩を踏み出した。米化学会誌に発表した。


 この分子は、光を出すアントラセン系の化合物。水素イオンとナトリウムイオンの両方を受け取ると光を出す。水素だけ、ナトリウムだけでは光らない。二つの入力信号がそろったときだけ出力信号を出すAND素子と同じ働きだ。(引用:東京新聞)


面白いですね。J. Am. Chem. Soc., 127, 8920 (2005).で報告されています。アミン()がアンモニウム塩になり、Naがクラウンエーテル()に取り込まれることによって光る(青の部分)そうです。こういう研究っていいですね。

 

関連書籍

 

 
ナノ・IT時代の分子機能材料と素子開発

 

「材料(素材)編」と「素子編」の2部構成で、広範な学際領域にわたる分子機能材料、分子素子の科学技術を集約し、さまざまな分野での現状と将来の可能性について解説する。

関連リンク

 

内山聖一のホームページ

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  2. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  3. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  4. 2008年10大化学ニュース
  5. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  6. ねじれがあるアミド
  7. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  8. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スルホニルフルオリド
  2. メビウス芳香族性 Mobius aromacity
  3. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた
  4. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  5. フェントン反応 Fenton Reaction
  6. 有機合成化学協会誌2018年3月号:π造形科学・マグネシウムカルベノイド・Darzens反応・直接的触媒的不斉アルキニル化・光環化付加反応
  7. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  8. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents
  9. 「ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」+その他
  10. アルゼンチン キプロス

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP