[スポンサーリンク]


チタン酸バリウム

  1. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

    セラミックス材料は数多くの種類が知られていますが、その中でもチタン酸バリウム(BaTiO3)は、セラミックス積層コンデンサや圧電素子として電子機器に使われている代表的な誘電体材料です。分野によってチタバリ、バリチタなどと…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-
  2. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  3. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis
  4. 地球温暖化-世界の科学者の総意は?
  5. フラーレン:発見から30年
  6. 「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント結果発表!
  7. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

注目情報

最新記事

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手…

「化学と工業」読み放題になったの知ってますか?+特別キャンペーン

日本化学会会員の皆様に朗報です。会員が毎月届けられる「化学と工業」誌。じっくり読む人、パラパ…

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

PAGE TOP