[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エド・ボイデン Edward Boyden

[スポンサーリンク]

エドワード・ボイデン(Edward Boyden, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者、神経科学者である。米マサチューセッツ工科大学 准教授。(写真:MIT News

経歴

1995-1999 マサチューセッツ工科大学 卒業
1999-2005 スタンフォード大学 博士号取得
2005-2006 スタンフォード大学 博士研究員
2006-2007 マサチューセッツ工科大学 客員研究員
2007-2011 マサチューセッツ工科大学 助教授
2011-現在 マサチューセッツ工科大学 准教授

受賞歴

2016 Breakthrough Prize in Life Sciences
2015 BBVA Foundation Frontiers of Knowledge Award
2015 Society for Neuroscience Young Investigator Award
2015 Carnegie Prize in Mind and Brain Sciences
2014 Schuetze Award in Neuroscience
2013 Jacob Heskel Gabbay Award
2013 Grete Lundbeck European Brain Research Prize (“The Brain Prize”)
2011 Perl/UNC Neuroscience Prize
2011 A F Harvey Prize
2010 Nature Methods Method of the Year
2007 Society for Neuroscience, Research Award for Innovation in Neuroscience (RAIN)
2006 Technology Review TR35, World’s Top 35 Innovators under Age 35

研究概要

光遺伝学技術の開拓

Karl Disseroth研在籍時に、光感受性を有する古細菌型ロドプシンタンパクを神経細胞に導入することで、その挙動をミリ秒単位で光制御できることをFeng Zhangと共同で示した[1]。この発明により、現在の光遺伝学(Optogenetics)研究[2]の爆発的普及のきっかけを作った。

脳神経系のマッピング・人為的制御のためのツール開発

関連動画

 

 

関連文献

  1.  “Millisecond-timescale, genetically targeted optical control of neural activity” Boyden, E. S. ; Zhang, F.; Bamberg, E.; Nagel, G.; Deisseroth, K. Nature Neurosci. 2005, 8, 1263. doi:10.1038/nn1525

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  2. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  3. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  4. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  5. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  6. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  7. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  8. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アントシアニン / anthocyanin
  2. パラジウム錯体の酸化還元反応を利用した分子モーター
  3. 合同資源産業:ヨウ素化合物を作る新工場完成--長生村の千葉事業所 /千葉
  4. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling
  5. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanum(III) Trifluoromethanesulfonate
  6. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst
  7. 有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号
  8. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  9. 危険物に関する法令:危険物の標識・掲示板
  10. テトロドトキシン Tetrodotoxin

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP