[スポンサーリンク]

archives

イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester

I0658.gif

シクロアルケニルボロン酸ピナコールの簡便な合成法

Hallらは,シクロアルケニルボロン酸ピナコールの簡便な合成法を報告しています。この報告によると,シクロアルカノンのShapiro反応において,イソプロポキシボロン酸ピナコールで処理することにより,目的のピナコールエステルを得ています。さらに,6~12員環への適用例も報告しています(収率65~90%)。

V. Rauniyar, H. Zhai, D. G. Hall, Synth. Commun. 2008, 38, 3984.

 

関連記事

  1. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  2. ターボグリニャール試薬
  3. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  4. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  5. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  6. トルキセン : Truxene
  7. pre-ELM-11
  8. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  2. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  3. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base
  4. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate
  5. 毒を持ったタコにご注意を
  6. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  7. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  8. ケミカル・アリに死刑判決
  9. カチオン重合 Cationic Polymerization
  10. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP