[スポンサーリンク]

archives

イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester

I0658.gif

シクロアルケニルボロン酸ピナコールの簡便な合成法

Hallらは,シクロアルケニルボロン酸ピナコールの簡便な合成法を報告しています。この報告によると,シクロアルカノンのShapiro反応において,イソプロポキシボロン酸ピナコールで処理することにより,目的のピナコールエステルを得ています。さらに,6~12員環への適用例も報告しています(収率65~90%)。

V. Rauniyar, H. Zhai, D. G. Hall, Synth. Commun. 2008, 38, 3984.

 

関連記事

  1. (-)-MTPA-Cl
  2. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  3. 進化する カップリング反応と 応用展開
  4. 日本化学会と対談してきました
  5. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  6. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  7. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  8. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
  2. エルマンイミン Ellman’s Imine
  3. ふるい”で気体分離…京大チーム
  4. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination
  5. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation
  6. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  7. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  8. ラウリマライドの全合成
  9. 博士課程に進学したあなたへ
  10. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP