[スポンサーリンク]


ナノゲル

  1. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

    秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 教授。第22回ケムステVシンポ講師経歴1980年3月 九州大学工学部合成化学科卒業1985年3月 九州大学大学院工学研究科合成化…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 量子の力で生体分析!?シングレット・フィッションを用いたNMR感度の増大
  2. 自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む
  3. 合成化学者のための固体DNP-NMR
  4. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis
  5. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  6. 光で2-AGの量を制御する
  7. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

注目情報

最新記事

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

PAGE TOP