[スポンサーリンク]


ハロゲン化

  1. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

    第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一利(きたはら かずまさ)さんにお願いしました。北原さんの所属する柴富研究室では、主に新規キラル触媒の開発および高エナンチオ選択的反応…

  2. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成

    海洋天然物ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成が達成された。その鍵は、いかなる構造異性体も生…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授
  2. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  3. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  4. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  5. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人
  6. 無限の可能性を秘めたポリマー
  7. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

PAGE TOP