[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

パオロ・メルキオーレ(Paolo Melchiorre、1973年5月29日(Camerino、イタリア生)-)は、スペインの有機化学者である。カタルーニャ化学研究所 Research Professor (画像:Twitter)。

経歴

1999 ボローニャ大学 修士号取得
2003 ボローニャ大学 博士号取得(P. G. Cozzi教授)
2003-2006 ボローニャ大学 博士研究員(G. Bartoli教授)
2007-2009 ボローニャ大学 助教授
2009-現在 カタルーニャ化学研究所(ICIQ) Research Professor & Group Leader

受賞歴

2007 “G. Ciamician” Gold Medal of the Italian Chemical Society
2008 Liebig Lecture Award by the German Chemical Society
2009 Thieme Journal Prize

研究概要

光駆動型有機触媒を用いる不斉合成法の開発[2]

イミニウム―エナミン型有機触媒に光照射を行なうと、強い酸化力/還元力を発揮することを見いだし、触媒を外部光触媒無しに1電子移動型反応へと用いる反応を種々開発、新たな反応性を切り開くことに成功した。

画像:Chem. Sci. 2014, 5, 2438.

関連動画

関連論文

  1. “Author Profile – P. Melchiorre” Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 3389. doi:10.1002/anie.200900763
  2. ”Enhancing the potential of enantioselective organocatalysis with light” Silvi, M.; Melchiorre, P. Nature 2017, 54, 41–49. DOI: 10.1038/nature25175
  3. “Photochemical activity of a key donor–acceptor complex can drive stereoselective catalytic α-alkylation of aldehydes” Arceo, E.; Jurberg, I. D.; Álvarez-Fernández, A.; Melchiorre, P.  Nat. Chem. 2013, 5, 750-756. doi:10.1038/nchem.1727

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 日本学術振興会賞受賞者一覧
  2. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  3. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  4. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  5. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  6. マリウス・クロア G. Marius Clore
  7. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  8. ノーベル化学賞・受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  2. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  3. ハウアミンAのラージスケール合成
  4. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  5. 第7回ImPACT記者懇親会が開催
  6. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!
  7. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン
  8. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業
  9. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?
  10. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP