[スポンサーリンク]


国立科学博物館

  1. 元素の和名わかりますか?

    先日国立科学博物館にて「日本を変えた千の技術博」という特別展が開かれているというポストがありました。筆者も先日行ってきたのですが、そこで見つけた1878年に宇田川準一(宇田川榕庵の養子である興斎の子)が記したとされる「元素化合量一覧表」から…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高橋 大介 Daisuke Takahashi
  2. 海の生き物からの贈り物
  3. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  4. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  5. 固体なのに動くシャトリング分子
  6. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction
  7. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling

注目情報

最新記事

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

PAGE TOP