[スポンサーリンク]


多孔質炭素ナノワイヤ

  1. 分析化学の約50年来の難問を解決、実用的な微量分析法を実現

    東京大学大学院理学系研究科の合田圭介教授が率いる研究グループは、極めて高い再現性、感度、均一性、生体適合性、耐久性を持つ表面増強ラマン分光法(Surface-Enhanced Raman Spectroscopy: SERS)の基板を開発し…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 交響曲第6番「炭素物語」
  2. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?
  3. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  4. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!
  5. ペーパーミル問題:科学界の真実とその影響
  6. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  7. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表

注目情報

最新記事

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

PAGE TOP