[スポンサーリンク]

J

ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsuki Epoxidation

[スポンサーリンク]

 

概要

マンガン(III)-サレン錯体を触媒とし、cis-アルケンの不斉エポキシ化を行う反応。Sharpless-香月不斉エポキシ化と異なり、配位性置換基を持たない単純アルケンにおいても高い不斉収率で成績体を与える。

 

基本文献

 

反応機構

参考:Angew. Chem. Int. Ed. 199736, 2060.
jacobsen_katsuki_epoxy_2.gif

反応例

Salen不斉配位子はエポキシ化以外にも多くの反応に応用できる。 詳しくはReview[1]を参照されたい。

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Katsuki, T. Synlett 2003, 281. DOI: 10.1055/s-2003-37101

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  2. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  3. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…
  4. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  5. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  6. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process f…
  7. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffl…
  8. チャン転位(Chan Rearrangement)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  2. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  3. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  4. 道修町ミュージアムストリート
  5. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  6. Purification of Laboratory Chemicals
  7. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  8. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  9. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  10. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP