[スポンサーリンク]


講義

  1. 学部4年間の教育を振り返る

    皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の間の平穏を楽しんでおります(記事執筆11月)。大学院試験準備のため、4年間の講義範囲を見直す事で、大学教育は一つ一つの講義が繋がって…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  2. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  3. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  4. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド:Carbonyltris(triphenylphosphine)rhodium(I) Hydride
  5. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  6. 「野依フォーラム若手育成塾」とは!?
  7. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP