[スポンサーリンク]

C

クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction

ケトン→アルカン

概要

亜鉛アマルガム-塩酸を用いる、カルボニル基のメチレンへの還元反応。特に芳香環と共役したケトンの還元に有効。

非水系条件下に、塩化水素エーテル溶液を用いることで、非共役型のケトンも還元できる。この場合には金属亜鉛で良く、毒性の高い水銀化合物の使用を避けることができる。

亜鉛の代わりに電解反応を用いることもできる。

この反応は酸性条件下進行するので、塩基性条件下で行われるWolff-Kishner還元や中性下で行われるチオアセタールのRaneyNiによる脱硫還元などと相補的に用いられる。

基本文献

  •  Clemmensen, E. Ber. 1913, 46, 1837.
  • Clemmensen, E. Ber. 1914, 47, 51.
  • Clemmensen, E. Ber. 1914, 47, 681.
  • Martin, E. L. Org. React. 1942, 1, 155.
  • Nakabayashi T. J. Am. Chem. Soc. 196082, 3900. DOI: 10.1021/ja01500a029
  •  Buchanan, J. G. St. C.; Woodgate, P. D. Quart. Rev. 196923, 522.
  •  Vedejs, E. Org. React. 1975, 22, 401.
  •  Yamamura, S.; Nishiyama, S. Comprehensive Organic Synthesis 1991, 8, 309.

 

反応機構

亜鉛アマルガムの表面で進行する反応。詳細は明らかではないが、以下のような機構は考え得る一つである。
al-ane22.gif

反応例

al-ane23.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連動画

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  2. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  3. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach R…
  4. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…
  5. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  6. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocie…
  7. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  8. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  2. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  3. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション【Part 3】
  4. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ
  5. 保護により不斉を創る
  6. メタンハイドレートの化学
  7. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  8. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  9. 化学に魅せられて
  10. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP