[スポンサーリンク]


Late-Stage誘導体化

  1. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

    今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤となる可能性のある化合物を見つけたというお話です。Late-Stage-Functionalization(LSF:合成終盤での官能基変…

  2. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 1と2の中間のハナシ
  2. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  3. 計算化学:DFTって何? PartIII
  4. 細胞表面受容体の機能解析の新手法
  5. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  6. もし新元素に命名することになったら
  7. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

注目情報

最新記事

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

PAGE TOP