[スポンサーリンク]


2005年 1月 06日

  1. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん

    理化学研究所(埼玉県和光市)の男性副主任研究員(54)が執筆した研究論文2本の実験データが改ざんされていたことが24日、理研の調査で分かった。別の論文1本も改ざんされた可能性が高く、理研は計3本の論文を取り下げるよう勧告した。副主任研究…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. で、その研究はなんの役に立つの?
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  3. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  4. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  5. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  6. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  7. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

注目情報

最新記事

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.20 追記: 問3の構造式を訂正しました。薬剤師国家試験は、医…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

PAGE TOP