[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

プロテオミクス現場の小話(1)前処理環境のご紹介

[スポンサーリンク]

数年ぶりに化学者のつぶやきに投稿するにあたり、ケムステでのプロテオミクス関連記事を検索してみました。
活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

ケミカルバイオロジーの話題を提供してくださっているのですね。私の職場でも日々このようなサンプルを扱っておりますので、これからちょくちょく現場の小話をさせてください。みなさんの御研究のご参考になれば幸いです。なお、この話題提供は私の個人的見解であってプロテオミクスのスタンダードから外れていることもあるかと思いますのでその点はご了承のほどよろしくお願いいたします。

プロテオミクスとはタンパク質の大規模解析

Google先生に聞いてもらうと丁寧に説明してもらえますので割愛しますが、試料中に含まれるタンパク質の種類と存在量を質量分析計を使って調べる方法です。有機合成反応を追跡する場合、TLCを使って原料と生成物とを分離したのちUV等で検出しますね。プロテオミクスの場合、タンパク質を(ごく一部の例外を除き)酵素で消化します。得られたペプチド断片の混合物をHPLCを分離したのち質量分析計で検出します。(タンパク質をそのまま分析する手法「トップダウンプロテオミクス 」の手法も研究が進んでいますのでご興味がある方はGoogle先生に聞いてみてください)

タンパク質を酵素で消化する現場

「ケラチンのコンタミ」って言葉を聞いたことありますか。試料中のタンパク質が微量(うちの現場では「微量」とはマイクロチューブに1 µgのタンパク質が入っているかどうかの程度のサンプルを微量と言っています。アフィニティ精製した溶出液などが該当しますね。)な場合、操作するヒト由来の成分が混入(コンタミ)すると、その量の多さからコンタミ成分ばかりが検出されて、検出したいタンパク質を同定できないことがあります。質量分析計のダイナミックレンジは3~4桁程度なので、相対的に量が少ないとアバンダントなタンパク質由来のペプチド(コンタミ)にイオン化の際邪魔されてしまいます(イオンサプレッションと言います)。

クラスII 安全キャビネットでの操作

ここではHEPAフィルター搭載の安全キャビネット内で操作をしています。試薬分注に使う電子天秤、タンパク質の分離に使う電気泳動装置からシェーカーまで揃えています。受け取ったサンプルにすでに入っているケラチンは除去できないのですが、この後続く長いタンパク質消化工程でのコンタミを最小限に抑えるための環境です。

溶媒除去には遠心濃縮機

遠心濃縮装置は、遠心しながら減圧濃縮を行うことができます。したがって突沸によるサンプルロスのリスクを軽減できます。ただし、減圧解除時が要注意です。いきなり解除するとサンプルロスにつながりますので水で濡らしたキムワイプでコックを押さえながら、ゆっくりと減圧解除します。

以上簡単にですが、前処理環境のご紹介をいたしました。プロテオミクス現場の小話(2)では測定環境のご紹介をいたします。

精密質量測定など、サンプルを募集しています

名古屋大学ITbM分子構造センターでは受託分析を行っております。学外および企業の方も、マシンタイムに空きがあればご対応いたします。詳細は下記URLをご覧のうえ、メールでのご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

 

msc

msc

投稿者の記事一覧

質量分析計を使ったメソッド研究開発、国内外の研究者との共同研究および受託分析(実験計画からデータ解析まで)を行なっております。測定対象は、タンパク質同定およびLC-MSによる分析を中心に、水素-重水素交換質量分析(HDX-MS)、MALDI-TOFによる分析等幅広く扱っています。ITbMでは、トランスフォーマティブ分子の機能構造解析(プロテオミクス によるターゲットID、構造解析等)をITbMグループと共同で進めています。詳細はURLをご覧ください。

関連記事

  1. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!
  2. ついに成功した人工光合成
  3. NMRの測定がうまくいかないとき
  4. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  5. あなたの天秤、正確ですか?
  6. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ
  7. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」
  8. 鉄とヒ素から広がる夢の世界

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation
  2. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始
  3. Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!
  4. アルゼンチン キプロス
  5. varietyの使い方
  6. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応
  7. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  8. 宝塚市立病院で職員が「シックハウス症候群」に…労基署が排気設備が不十分と是正勧告
  9. スワーン酸化 Swern Oxidation
  10. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP