[スポンサーリンク]


2005年 3月 05日

  1. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告

    【ワシントン=共同】米食品医薬品局(FDA)は2日、日本の塩野義製薬(本社・大阪市)が薬効を確認し、英アストラゼネカが製造、販売している高脂血症治療薬「クレストール」(一般名ロスバスタチンカルシウム)について「筋力低下などの副作用の危険が、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 南ア企業がヘリウム生産に挑む
  2. 有機機能性色素におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  3. 分子標的薬、手探り続く
  4. 光と水で還元的環化反応をリノベーション
  5. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ
  6. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観察ー
  7. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP