[スポンサーリンク]

スポットライトリサーチ

フォトメカニカル有機結晶を紫外線照射、世界最速で剥離

[スポンサーリンク]

第321回のスポットライトリサーチは、大阪市立大学大学院工学研究科(小畠研究室)・玉置 将人さんにお願いしました。

分子レベルでエネルギーを力や動きへと変換する素子「分子アクチューエータ」は、未来的なナノロボットの部品になったりと諸々の応用が期待できます。これを光応答性の結晶性化合物で組みあげると「動く結晶」になりますが、大きさや応答速度を制御することは未だ困難です。本成果では、適切な応答を示す適切なサイズの結晶片を紫外光照射で剥離して製造できることを示しています。Cryst. Growth Des.誌 原著論文・プレスリリースに公開されています。

“Light-Driven Rapid Peeling of Photochromic Diarylethene Single Crystals”
Tamaoki, M.; Kitagawa, D.; Kobatake, S. Cryst. Growth Des. 2021, 21, 3093–3099.doi: 10.1021/acs.cgd.1c00270

それでは今回もインタビューをお楽しみください!

Q1. 今回プレスリリースとなったのはどんな研究ですか?簡単にご説明ください。

光照射によって色が変化するフォトクロミック化合物からなる結晶に紫外線を照射すると、フォトメカニカル挙動という、結晶形状変化が起こります。このフォトメカニカル挙動は電気配線や回路を必要とせず、非接触で遠隔でも操作が可能なことから、次世代のアクチュエーターへの応用が期待されています。しかし、挙動速度は結晶サイズに依存するため、適切なサイズの結晶を作り分けることが課題とされていました。

本研究では、フォトクロミック化合物であるジアリールエテン1a(図1)の結晶に紫外線を照射すると、結晶から小さな結晶片が剥がれるように分離する挙動を発見しました(図2)。画像の下方から紫外線を数秒間照射したところ、紫外線照射面から結晶が剥離されました。剥離は開始してからおよそ175マイクロ秒で完了し、非常に高速で剥離が進行しました。

図1 本研究で使用したジアリールエテン

図2 結晶1aに紫外線を画像の下方から照射したときの剥離の様子(白黒のハイスピードカメラ画像)

また、剥離した結晶片を取り出し、可視光線をあて続け真っ直ぐにした後、紫外線を照射したときの結晶片の挙動を観察しました(図3)。すると、結晶片は0.5秒で高速屈曲を示し、剥離した結晶片は高速屈曲に適した結晶サイズであることが明らかになりました。このことから今回発見した剥離挙動は、高速屈曲を示すフォトアクチュエーター素子の新たな作製法を提案します。

図3 剥離した結晶片の光照射挙動

Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

はじめて剥離挙動を目にした瞬間が、最も思い入れがあります。元々、分子スケールの変化によって結晶全体が動く点に魅力を感じ、フォトメカニカル挙動のテーマを担当しました。それを自らの手で実現できたときはとても感動しました。剥離挙動はほんの一瞬の出来事であり、それを撮影することは難しかったのですが、初めてハイスピードカメラでの撮影に成功したときは、嬉しさのあまり研究室のメンバーに動画を見せに回ったことを覚えています。(笑)

Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

結晶の扱いに苦戦しました。私自身が不器用ということもあり、ミクロサイズの結晶の扱いに慣れるまでには多大な時間と労力を要しました。これを乗り越えることができたのは、完全に根性です。(笑)どれだけ腕がプルプル震えても、顕微鏡をのぞいて結晶を触ることを止めなかったことで慣れることができました。おかげで、今では研究室の学生の中で、一番結晶の扱いが上手な自信があります。

Q4. 将来は化学とどう関わっていきたいですか?

化学は人々の生活を根底で支えている学問だと考えています。その化学によって、人々の生活を大きく支えるような材料・製品を開発したいです。自分で開発したモノが世界中で使われる、これほど研究者冥利に尽きることはありません。いつか私の研究が世界の役に立つ日を夢見て、化学と向き合っていきたいと思います。

Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

普段から拝見させていただいているChem-Station様に、スポットライトリサーチとして私の研究を取り上げていただき、大変光栄に思います。私は普段から、自身の研究テーマに対して愛着を持つことを大切にしています。実験がうまくいかないときもありますが、そんな一面も可愛がってあげられるような愛着を持つことで、研究は良い方向へ進むのではないかと考えています。深い愛を注ぎすぎてメンヘラにならない程度に、みなさんもぜひ愛着をもって研究を行ってみてください。

最後に私たちの研究室が運営しているYouTubeチャンネルを紹介させていただきます。このチャンネルでは、私たちが専攻している光化学の知識や、実験操作・装置の説明を、理系でなくても大学生でなくてもわかりやすいような内容で配信していく予定です。ぜひチャンネル登録をお願いします!(コバタケ研の実験ノート

研究者の略歴

名前:玉置 将人(たまおき まさと)
所属:大阪市立大学大学院工学研究科化学生物系専攻 小畠研究室
研究テーマ: ジアリールエテン単結晶による光誘起高速ピーリング
略歴:
2020年3月 大阪市立大学 工学部 化学バイオ工学科 卒業
2020年4月 大阪市立大学大学院 工学研究科 化学生物系専攻 前期博士課程 入学
現在 前期博士課程2年

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 香料:香りの化学3
  2. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
  3. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  4. 第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告
  5. π-アリルイリジウムに新たな光を
  6. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法…
  7. Reaxys Ph.D Prize2019ファイナリスト発表!
  8. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  2. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)rhodium(I) Dimer
  3. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  4. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう
  5. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction
  6. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  7. キッチン・ケミストリー
  8. ノーベル化学賞への道公開
  9. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  10. ランタノイド Lanthanoid

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前、手塚治虫氏の作品「ブラック・ジャック」でこういう話が載ってい…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP