[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

カブトガニの血液が人類を救う

[スポンサーリンク]

カブトガニといえば我が国では天然記念物になる場所もあるほどなのであまり生活の中で馴染みがありませんが、実は医療の現場には身近な存在であることはあまり知られていないのかもしれません。定期的にネットで話題にのぼるのでご存知の方も多いかと思いますが、前々から気になっていたのでカブトガニの化学について少し調べてみましたので紹介します。

 

カブトガニの血液で検索すると結構グロい画像がわんさか出てきます(本当に閲覧注意です)。まず、彼らの血液は青いんですね。とは言っても我々哺乳類の血液とリンパ液に相当する体液なので血リンパと呼ばれるものなのですが、ここでは便宜上血液とします。哺乳類では赤血球内のヘモグロビンの鉄一原子が一分子の酸素を運びますが、カブトガニのような生物の血液中のヘモシアニンは二原子の銅で一分子の酸素を運びます。この酸素が結合したヘモシアニンが青い血の正体です。シアンは関係ありません。ついでにいえばカブトガニはビジュアル的に裏返すとかなりエグいので、どう見てもエイリアンですありがとうございました。

hemocyaninヘモシアニンの立体構造[1]

 

さて本題のカブトガニと医療の関係ですが、この血液が関係していますが、残念ながらヘモシアニンは主役ではありません。1956年にBangはカブトガニの血液成分が生菌、死菌を問わずある種のグラム陽性細菌と反応してゲル化することを発見しました。[2] Bangらはその後もこの現象を追い続け、1964年には細菌のエンドトキシンがカブトガニの血液を凝固させる成分であることを突き止めます。[3]エンドトキシンとはある種の微生物の細胞壁の成分(リポ多糖)で、直接微生物から分泌される毒素ではないのですが、この成分に免疫系が反応して重篤な症状を起こすことがあるため、毒(トキシン)とされています。

kabuto_LPS

緑膿菌のリポ多糖の構造 文献[4]より引用

よって医療現場では患者に投与する輸液や注射液など様々なものがこのエンドトキシンフリーであることが求められます。その昔エンドトキシンの検出にはウサギを使っていました。ウサギにエンドトキシンを接種すると、発熱するという現象を利用していました(エンドトキシンは別名発熱成分、pyrogenとも呼ばれます)。しかし、これでは時間もコストもかかってしまいます。そこでカブトガニの血液の出番なわけです。

 

まずアメリカ産カブトガニ(Limulus polyphemus)の血球(アメーバ細胞)抽出液(Limulus amebocyte lysate, LAL)を試薬として用意します。これらの試験法を学名からリムルス試験もしくはLAL試験と呼びます。このLAL試薬を対象となるサンプルに加えた際、サンプル中にエンドトキシンが含まれているとゲル化が進行しますのでエンドトキシンの有無を定性的に知ることができます。また、そのゲル化の度合いによってサンプルが濁りますので濁度を機械で測定すればエンドトキシンの含有量を定量できます。

kabuto_1

現在は自動化されています(和光純薬HPより)

ではどのような原理に基づくのでしょうか?そこには血液の凝固をコントロールするタンパク質(プロテアーゼ)の巧みなカスケードシステムが利用されています。

kabuto_2

カスケード(和光純薬HPより)

エンドトキシンをトリガーとして段階的に反応が進み、最終的には凝固酵素(clotting enzyme)の前駆体を活性化します。この凝固酵素がコアギュローゲンというタンパク質の一部を切断し、コアギュリンへ変換します。このコアギュリンは他のコアギュリン分子とどんどん会合していき不溶性となるのです。[5]

kabuto_3

図は文献[5]より引用

LAL試験の鋭敏性はエンドトキシンとFactor Cとの結合が強いことが鍵であると考えられており、その解離定数は2.7×10-8 Mと見積もられています。このことから反応は極めて鋭敏で、0.1 pg/mlから100 ng/mlの広い範囲でエンドトキシンを測定できる優れた手法です。

kabuto_coagulogen日本カブトガニのコアギュローゲンの立体構造[6]

 

また、日本のカブトガニにおける関連するタンパク質の解析が報告されており、タンパク質の結晶構造も明らかとなっています。[6] ここで コアギュローゲンの切断位置も判明しており、その部位をミミックした人工ペプチドを設計することで、LAL試験を濁度ではなく可視光の吸光度で測定できる手法も開発されています。また、上述の原理の図中に記した通り、このカスケードにはβ1,3グルカンも反応してしまいますが、最初からβ1,3グルカンであるカードランを過剰に加えておくなどの工夫によってエンドトキシン選択的な検出を可能とする試薬も開発されています。

 

こういった有用な試薬を生産するために、アメリカカブトガニは年間60万匹も捕獲され、工場で献血させられています。血液は1 L当たり150万円ほどで取引され、年間60億円規模の市場と言われています。心臓から30%ほどの血液が採取されたカブトガニたちはは自然に返されるのですが、一説では10-30%ほどは死んでしまうとか・・・

我が国のカブトガニ(Tachypleus tridentatus)は繁殖地が天然記念物にもなってしまうくらい貴重ですが、かの国では砕いて農業用飼料にされてしまうくらいの水揚げがあるようなので、そうなるよりはマシなのかもしれません。

 

ゴールデンウィークに岡山を訪れる予定の方は笠岡市立カブトガニ博物館を訪れるのはいかがでしょうか。

 

参考サイト

  • 生化学工業(株): HP
  • 和光純薬工業(株): HP

 

参考文献

  1. Hazes, B.; Magnus, K. A.; Bonaventura, C.; Bonaventura, J.; Dauter, Z.; Kalk, K. H.; Hol, W. G. Protein Sci. 2, 597 (1993). DOI: 10.1002/pro.5560020411
  2. Bang, F. B. Bull. Johns Hopkins Hosp. 98, 325 (1956).
  3. Levin, J.; Bang, F. B. Bull. Johns Hopkins Hosp. 115, 265 (1964).
  4. Barkleit, A.; Moll, H.; Bernhard, G. Dalton Trans. 2879 (2008). DOI: 10.1039/B715669C
  5. Kawasaki, H.; Nose, T.; Muta, T.; Iwanaga, S.; Shimohigashi, Y.; Kawabata, S. J. Biol. Chem. 275, 35297 (2000). DOI: 10.1074/jbc.M006856200
  6. Bergner, A.; Oganessyan, V.; Muta, T.; Iwanaga, S.; Typke, D.; Huber, R.; Bode, W. EMBO J. 15, 6789 (1996).

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 銅触媒によるアニリン類からの直接的芳香族アゾ化合物生成反応
  2. Ns基とNos基とDNs基
  3. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム
  4. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  5. 個性あるジャーナル表紙
  6. E-mail Alertを活用しよう!
  7. 日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング
  8. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料
  2. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  3. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  4. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  5. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction
  6. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  7. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  8. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  9. インフルエンザ対策最前線
  10. NMR解析ソフト。まとめてみた。①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP