[スポンサーリンク]


2005年 5月 18日

  1. 植物性油の再加熱によって毒物が発生

    植物性の食用油を加熱しすぎたり再加熱したりすると、脂肪酸由来の毒物である4-ヒドロキシ-トランス-2-ノネナール(HNE)が大量に蓄積されることが、新たな研究から明らかにされた。この知見は、先ごろ米ソルトレークシティで開かれた米国油化学会(…

  2. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成反応で乳がん手術を改革
  2. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  3. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base
  4. 超高圧合成、添加剤が選択的物質合成の決め手に -電池材料等への応用に期待-
  5. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  6. ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」
  7. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

PAGE TOP