[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロルフ・ミュラー Rolf Muller

[スポンサーリンク]

ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザールランド大学教授

 

経歴

1986-1990 Pharmacy studies at Bonn University

1990-1991 Pharmaziepraktikum

1991 Approbation as pharmacist

1991-1994 Promotion (Ph.D.) at the Department of Pharmaceutical Biology at Bonn University (Workgroup of Prof. E. Leistner) about the menachinon and enterobactin biosynthesis in Escherichia coli

1995 Post-doc at the same department, recognition as Fachapotheker for Pharmaceutical Analytics

1996-1997 Research scholarship of the Deutsche Forschungsgemeinschaft (2 years) at the University of Washington, Department of Chemistry in Seattle, USA (Group of Prof. H.G. Floss): Molecular investigations into the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes (Rifamycin)

1998-2003 Junior group leader at the Gesellschaft für Biotechnologische Forschung in Braunschweig (Germany), at the same time research assistant at the Technical University Braunschweig, Department of Pharmaceutical Biology (Workgroup Prof. T. Hartmann). Topic: Genome-based approaches to the analysis of natural product formation and their regulation in myxobacteria

2000 Habilitation: “Molecular biology of the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes and myxobacteria,” Lehrbefugnis for “Microbiology and Pharmaceutical Biology”

2001 Phönix-Pharmacy Research Award 2001

2002 DECHEMA award for natural products research ; calling to the University of Greifswald “Pharmaceutical Biotechnology”

2003 BioFuture Award of the Federal Ministry for Education and Research,

calling to the University of Halle “Pharmaceutical Molecular Biology”

calling to Saarland University “Pharmaceutical Biotechnology”, since October Professor of Pharmaceutical Biotechnology at Saarland University

2004 Decline of a calling to TU Braunschweig “Pharmaceutical Biology”

2007 Phönix-Pharmacy Research Award 2007

2008- Chairman to the DECHEMA board “Low molecular natural products with biological activity”

2009- Head of the newly established Helmholtz-Institute for Pharmaceutical Research Saarland, Saarbrücken/Germany

2010 DECHEMA-Prize 2010 of the Max-Buchner-research foundation

 

研究概要

粘液細菌(myxobacteria)や放線菌(actinomycetes)の二次代謝産物の生合成、異種発現による物質生産などの研究を行っている。

 

コメント

40人を超える大きな研究室であり、毎年20報近く論文を出しています。

 

外部リンク

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  2. 大井貴史 Takashi Ooi
  3. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  4. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  5. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmer…
  6. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  7. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgya…
  8. 北原武 Takeshi Kitahara

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合
  2. ウィリアム L ジョーゲンセン William L. Jorgensen
  3. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  4. 向山酸化剤
  5. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  6. シグマアルドリッチ器具・消耗品大特価キャンペーン【2018年3月30日まで】
  7. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  8. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について
  9. 会社でも英語を重視?―さて詮なきことか善きことか
  10. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

【書評】元素楽章ー擬人化でわかる元素の世界

元素の特性に基づくキャラクターデザインとフィクションの要素を融合させ,物語にまで昇華させた,待望…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP