[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロルフ・ミュラー Rolf Muller

ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザールランド大学教授

 

経歴

1986-1990 Pharmacy studies at Bonn University

1990-1991 Pharmaziepraktikum

1991 Approbation as pharmacist

1991-1994 Promotion (Ph.D.) at the Department of Pharmaceutical Biology at Bonn University (Workgroup of Prof. E. Leistner) about the menachinon and enterobactin biosynthesis in Escherichia coli

1995 Post-doc at the same department, recognition as Fachapotheker for Pharmaceutical Analytics

1996-1997 Research scholarship of the Deutsche Forschungsgemeinschaft (2 years) at the University of Washington, Department of Chemistry in Seattle, USA (Group of Prof. H.G. Floss): Molecular investigations into the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes (Rifamycin)

1998-2003 Junior group leader at the Gesellschaft für Biotechnologische Forschung in Braunschweig (Germany), at the same time research assistant at the Technical University Braunschweig, Department of Pharmaceutical Biology (Workgroup Prof. T. Hartmann). Topic: Genome-based approaches to the analysis of natural product formation and their regulation in myxobacteria

2000 Habilitation: “Molecular biology of the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes and myxobacteria,” Lehrbefugnis for “Microbiology and Pharmaceutical Biology”

2001 Phönix-Pharmacy Research Award 2001

2002 DECHEMA award for natural products research ; calling to the University of Greifswald “Pharmaceutical Biotechnology”

2003 BioFuture Award of the Federal Ministry for Education and Research,

calling to the University of Halle “Pharmaceutical Molecular Biology”

calling to Saarland University “Pharmaceutical Biotechnology”, since October Professor of Pharmaceutical Biotechnology at Saarland University

2004 Decline of a calling to TU Braunschweig “Pharmaceutical Biology”

2007 Phönix-Pharmacy Research Award 2007

2008- Chairman to the DECHEMA board “Low molecular natural products with biological activity”

2009- Head of the newly established Helmholtz-Institute for Pharmaceutical Research Saarland, Saarbrücken/Germany

2010 DECHEMA-Prize 2010 of the Max-Buchner-research foundation

 

研究概要

粘液細菌(myxobacteria)や放線菌(actinomycetes)の二次代謝産物の生合成、異種発現による物質生産などの研究を行っている。

 

コメント

40人を超える大きな研究室であり、毎年20報近く論文を出しています。

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  2. エド・ボイデン Edward Boyden
  3. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  4. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  5. マット・フランシス Matthew B. Francis
  6. ベン・シェンBen Shen
  7. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  8. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金よりも価値のある化学者の貢献
  2. 天然の日焼け止め?
  3. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表
  5. アステラス病態代謝研究会 2018年度助成募集
  6. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  7. トビアス・リッター Tobias Ritter
  8. Heterocyclic Chemistry
  9. フラーレンの単官能基化
  10. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP