[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロルフ・ミュラー Rolf Muller

[スポンサーリンク]

ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザールランド大学教授

 

経歴

1986-1990 Pharmacy studies at Bonn University

1990-1991 Pharmaziepraktikum

1991 Approbation as pharmacist

1991-1994 Promotion (Ph.D.) at the Department of Pharmaceutical Biology at Bonn University (Workgroup of Prof. E. Leistner) about the menachinon and enterobactin biosynthesis in Escherichia coli

1995 Post-doc at the same department, recognition as Fachapotheker for Pharmaceutical Analytics

1996-1997 Research scholarship of the Deutsche Forschungsgemeinschaft (2 years) at the University of Washington, Department of Chemistry in Seattle, USA (Group of Prof. H.G. Floss): Molecular investigations into the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes (Rifamycin)

1998-2003 Junior group leader at the Gesellschaft für Biotechnologische Forschung in Braunschweig (Germany), at the same time research assistant at the Technical University Braunschweig, Department of Pharmaceutical Biology (Workgroup Prof. T. Hartmann). Topic: Genome-based approaches to the analysis of natural product formation and their regulation in myxobacteria

2000 Habilitation: “Molecular biology of the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes and myxobacteria,” Lehrbefugnis for “Microbiology and Pharmaceutical Biology”

2001 Phönix-Pharmacy Research Award 2001

2002 DECHEMA award for natural products research ; calling to the University of Greifswald “Pharmaceutical Biotechnology”

2003 BioFuture Award of the Federal Ministry for Education and Research,

calling to the University of Halle “Pharmaceutical Molecular Biology”

calling to Saarland University “Pharmaceutical Biotechnology”, since October Professor of Pharmaceutical Biotechnology at Saarland University

2004 Decline of a calling to TU Braunschweig “Pharmaceutical Biology”

2007 Phönix-Pharmacy Research Award 2007

2008- Chairman to the DECHEMA board “Low molecular natural products with biological activity”

2009- Head of the newly established Helmholtz-Institute for Pharmaceutical Research Saarland, Saarbrücken/Germany

2010 DECHEMA-Prize 2010 of the Max-Buchner-research foundation

 

研究概要

粘液細菌(myxobacteria)や放線菌(actinomycetes)の二次代謝産物の生合成、異種発現による物質生産などの研究を行っている。

 

コメント

40人を超える大きな研究室であり、毎年20報近く論文を出しています。

 

外部リンク

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura
  2. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  3. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whiteside…
  4. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  5. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  6. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  7. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  8. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより
  2. ACS Macro Letters創刊!
  3. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  4. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  5. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation
  6. 研究者へのインタビュー
  7. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  8. 研究室での英語【Part 3】
  9. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre
  10. 電子雲三次元ガラス彫刻NEBULAが凄い!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP