[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロルフ・ミュラー Rolf Muller

[スポンサーリンク]

ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザールランド大学教授

 

経歴

1986-1990 Pharmacy studies at Bonn University

1990-1991 Pharmaziepraktikum

1991 Approbation as pharmacist

1991-1994 Promotion (Ph.D.) at the Department of Pharmaceutical Biology at Bonn University (Workgroup of Prof. E. Leistner) about the menachinon and enterobactin biosynthesis in Escherichia coli

1995 Post-doc at the same department, recognition as Fachapotheker for Pharmaceutical Analytics

1996-1997 Research scholarship of the Deutsche Forschungsgemeinschaft (2 years) at the University of Washington, Department of Chemistry in Seattle, USA (Group of Prof. H.G. Floss): Molecular investigations into the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes (Rifamycin)

1998-2003 Junior group leader at the Gesellschaft für Biotechnologische Forschung in Braunschweig (Germany), at the same time research assistant at the Technical University Braunschweig, Department of Pharmaceutical Biology (Workgroup Prof. T. Hartmann). Topic: Genome-based approaches to the analysis of natural product formation and their regulation in myxobacteria

2000 Habilitation: “Molecular biology of the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes and myxobacteria,” Lehrbefugnis for “Microbiology and Pharmaceutical Biology”

2001 Phönix-Pharmacy Research Award 2001

2002 DECHEMA award for natural products research ; calling to the University of Greifswald “Pharmaceutical Biotechnology”

2003 BioFuture Award of the Federal Ministry for Education and Research,

calling to the University of Halle “Pharmaceutical Molecular Biology”

calling to Saarland University “Pharmaceutical Biotechnology”, since October Professor of Pharmaceutical Biotechnology at Saarland University

2004 Decline of a calling to TU Braunschweig “Pharmaceutical Biology”

2007 Phönix-Pharmacy Research Award 2007

2008- Chairman to the DECHEMA board “Low molecular natural products with biological activity”

2009- Head of the newly established Helmholtz-Institute for Pharmaceutical Research Saarland, Saarbrücken/Germany

2010 DECHEMA-Prize 2010 of the Max-Buchner-research foundation

 

研究概要

粘液細菌(myxobacteria)や放線菌(actinomycetes)の二次代謝産物の生合成、異種発現による物質生産などの研究を行っている。

 

コメント

40人を超える大きな研究室であり、毎年20報近く論文を出しています。

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  2. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  3. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  4. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…
  5. 林 民生 Tamio Hayashi
  6. 硤合 憲三 Kenso Soai
  7. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  8. 野依 良治 Ryoji Noyori

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 安全なジアゾメタン原料
  2. アミロイド線維を触媒に応用する
  3. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  4. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  6. 京都賞―受賞化学者一覧
  7. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  8. 小松紘一 Koichi Komatsu
  9. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  10. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP