[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロルフ・ミュラー Rolf Muller

[スポンサーリンク]

ロルフ•ミュラー(Rolf Müller, 19xx年xx月xx日-)ドイツの天然物化学者である。ザールランド大学教授

 

経歴

1986-1990 Pharmacy studies at Bonn University

1990-1991 Pharmaziepraktikum

1991 Approbation as pharmacist

1991-1994 Promotion (Ph.D.) at the Department of Pharmaceutical Biology at Bonn University (Workgroup of Prof. E. Leistner) about the menachinon and enterobactin biosynthesis in Escherichia coli

1995 Post-doc at the same department, recognition as Fachapotheker for Pharmaceutical Analytics

1996-1997 Research scholarship of the Deutsche Forschungsgemeinschaft (2 years) at the University of Washington, Department of Chemistry in Seattle, USA (Group of Prof. H.G. Floss): Molecular investigations into the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes (Rifamycin)

1998-2003 Junior group leader at the Gesellschaft für Biotechnologische Forschung in Braunschweig (Germany), at the same time research assistant at the Technical University Braunschweig, Department of Pharmaceutical Biology (Workgroup Prof. T. Hartmann). Topic: Genome-based approaches to the analysis of natural product formation and their regulation in myxobacteria

2000 Habilitation: “Molecular biology of the biosynthesis of antibiotics in actinomycetes and myxobacteria,” Lehrbefugnis for “Microbiology and Pharmaceutical Biology”

2001 Phönix-Pharmacy Research Award 2001

2002 DECHEMA award for natural products research ; calling to the University of Greifswald “Pharmaceutical Biotechnology”

2003 BioFuture Award of the Federal Ministry for Education and Research,

calling to the University of Halle “Pharmaceutical Molecular Biology”

calling to Saarland University “Pharmaceutical Biotechnology”, since October Professor of Pharmaceutical Biotechnology at Saarland University

2004 Decline of a calling to TU Braunschweig “Pharmaceutical Biology”

2007 Phönix-Pharmacy Research Award 2007

2008- Chairman to the DECHEMA board “Low molecular natural products with biological activity”

2009- Head of the newly established Helmholtz-Institute for Pharmaceutical Research Saarland, Saarbrücken/Germany

2010 DECHEMA-Prize 2010 of the Max-Buchner-research foundation

 

研究概要

粘液細菌(myxobacteria)や放線菌(actinomycetes)の二次代謝産物の生合成、異種発現による物質生産などの研究を行っている。

 

コメント

40人を超える大きな研究室であり、毎年20報近く論文を出しています。

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 北川 進 Susumu Kitagawa
  2. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  3. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  4. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  5. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  6. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  7. ジョージ・スミス George P Smith
  8. イヴァン・フック Ivan Huc

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カリックスアレーン /calixarene
  2. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  3. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  4. Classics in Total Synthesis
  5. 二酸化炭素をメタノールに変換する有機分子触媒
  6. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  7. 学会風景2001
  8. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  9. 「人工知能時代」と人間の仕事
  10. π-アリルパラジウム錯体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP