[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第171回―「超分子・機能性ナノ粒子で実現するセラノスティクス」Ken Cham-Fai Leung准教授

[スポンサーリンク]

第171回の海外化学者インタビューは、Ken Cham-Fai Leung准教授です。香港中文大学化学科 新機能分子センターに所属していましたが、香港浸会大学化学科 創造性研究所に異動しました。ナノ粒子の研究と生物医学的応用を目指した超分子化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

自然界に存在し、特定の機能を持つ複雑な分子の美しさにはいつも驚かされています。こういった好奇心から、分子の全合成や、分子の改変による機能変化を理解し、生命の起源にも迫りたいと考えています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

ホテルやレストランのシェフになりたいと思っています。実験化学と料理は似たところがあると思いますし、最近は分子ガストロノミーという言葉もできて、いろいろな工夫がされています。健康的なデザートなど、キッチンで作り上げた自分の実験的な製品を試食して特徴を出したいです。美味しかったら、友人(食べることが大好き!)とシェアするのが楽しみです。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

現在は、磁気共鳴イメージング、蛍光イメージング、制御型ドラッグデリバリーのための無機・有機ハイブリッドナノ材料の開発に取り組んでいます。学生たちがこの分野に興味を持ち、しっかりと勉強して、社会に貢献してくれることを願っています。

Q.あなたがもし、歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

顕微鏡を使って微生物を発見したアントニ・ファン・レーウェンフックと一緒に食事がしたいです。当時、このような斬新なミクロの世界を目の当たりにした彼の体験や気持ちを共有したいです。そして、今では電子顕微鏡があり、ナノや原子の世界も観察できることを伝えたいと思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

1週間ほど前に、ナノ材料の表面接触角の測定と、異なる機能性分子を用いたコア/シェルナノ粒子の合成を行いました。実験を行い、それを最適化することが好きです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本も音楽も、1つだけ選ぶのはなかなか難しいです。好きなものが多すぎるのです。今回は、『聖書』とボン・ジョヴィの『クロスロード』にします。

クロス・ロード~ザ・ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ

クロス・ロード~ザ・ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ

Bon Jovi ボン ジョヴィ
¥1,000(as of 05/29 05:52)
Amazon product information

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

エディンバラ大学で面白く独創的な化学をやっているデビッド・リー教授に、これほど良い質問揃いのReactionsのインタビューを受けてほしいものです。

 

原文:Reactions – Ken Cham-Fai Leung

※このインタビューは2011年9月2日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kro…
  2. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教…
  3. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony …
  4. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav …
  5. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  6. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  7. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」Da…
  8. 第145回―「ランタニド・アクチニド化合物の合成と分光学研究」C…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然の日焼け止め?
  2. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎
  3. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ①
  4. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  5. 第129回―「環境汚染有機物質の運命を追跡する」Scott Mabury教授
  6. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン
  7. EUで化学物質規制のREACHが施行
  8. ゴジラ級のエルニーニョに…出会った!
  9. マット・シェア Matthew D. Shair
  10. Chem-Station 6周年へ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

注目情報

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP