[スポンサーリンク]


2005年 9月 12日

  1. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤

    きわめて小さな微粒子「ナノ粒子」を用いたステルスナノ粒子(stealth nano particles)」と呼ばれる薬剤が、将来、腫瘍細胞へのターゲット療法や体内の特異部位に送達させるドラッグデリバリー療法に用いられるかもしれな…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 初めての減圧蒸留
  2. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase
  3. 大村 智 Satoshi Omura
  4. 化学コミュニケーション賞2022が発表
  5. Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~
  6. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  7. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP