[スポンサーリンク]


2005年 9月 14日

  1. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-

    東京理科大学理学部硤合教授が、平成17年9月11日にイタリア・パルマで開催される不斉化学に関する国際会議において、イタリア化学会主催の国際賞を受賞しました。同賞は、左右対称な形の有機化合物を扱う不斉化学で優れた業績に贈られるもので、今回の受…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  2. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生
  3. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  4. 水入りフラーレンの合成
  5. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  6. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succinimidyl 4-Benzoylbenzoate
  7. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

注目情報

最新記事

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

PAGE TOP