[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第77回―「エネルギーと生物学に役立つ無機ナノ材料の創成」Catherine Murphy教授

[スポンサーリンク]

第77回の海外化学者インタビューは、キャサリン・マーフィー教授です。サウスカロライナ大学 化学・生化学科に所属(訳注:現所属はイリノイ大学 化学科)し、金属ナノ粒子の合成、光学特性の調査と応用に取り組んでいます。ナノスケールの構造やDNAのダイナミクスにも興味を持っています。それでは、インタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

小さい頃(6歳くらい)から、科学と自然が好きでした。幸いなことに、8年生(13歳)と高校(15歳)で素晴らしい化学の先生に恵まれました。高校の化学実験室は、生物学(生き物を殺しました)や物理学(退屈でした)より、はるかに面白かったです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

アルバイトを二つしたことがあります。一つは庭師として外働き、もう一つはコーヒーショップ/本屋です。どちらも年間10万ドル以上の収入がありました(理想的な状況であればですが)。外でコーヒーを飲んだり本をたくさん読んだりするのが好きなので、これは完璧な組み合わせです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

科学的に言うなら、私たちが扱う分子のスケールを、生物学、医学、環境といったより大きく複雑なシステムと結びつけることによってです。もちろん、大学初期に学生を興奮させたり、より多くの化学的知識を習得させるチャンスも持っています。多くの学生は、化学を専攻するわけではなく、単に化学を選択しなくてはなりません。未来の市民を教育し、現象の根拠を観察し、複数のテストに合格するための良い説明を考え出すことは、化学者や他の科学者が世の中一般にもたらしている良いことなのです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

Julia Childです。彼女は愉快な人ですし、加えて素晴らしい食事を作ってくれるでしょう!

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

悲しいことに、何年も前のことです。助教授として化合物やDNAをHPLC精製していました。今でも研究室を一日おきに訪れ、大学の化学クラスで実演はしています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ダンテの「神曲」(ドロシー・セイヤーズ訳)と、K.D.ラングの「Hymns of the 49th Parallel」です。

原文:Reactions – Catherine Murphy

※このインタビューは2008年8月15日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第50回「非二重らせん核酸は生物種を超えて生命を制御できるか」建…
  2. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 …
  3. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis…
  4. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教…
  5. 第170回―「化学のジョブマーケットをブログで綴る」Chemjo…
  6. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel…
  7. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Krist…
  8. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発
  2. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」
  3. あなたの合成ルートは理想的?
  4. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  5. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  6. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
  7. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  8. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  9. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  10. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と夢語り合い

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP