[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。実は密かに人気を稼いでいるという噂(?)の本コーナー、だいぶ久々ながら続編公開です。

第8回は、J. A. PorcoらによるOximidine IIIの全合成(2004)を紹介したいと思います。(過去の問題一覧はこちら

本合成の鍵工程である12員閉環メタセシスは、素直に設計された基質Aを用いると、目的物Cの生成が低収率にとどまってしまった。しかしながら一見余分な置換基(黄色でハイライト)を備えた基質Bを用いると、収率が大幅に向上した。この置換基の効能と、収率向上に寄与した理由を説明せよ。

next_move_8q_2

解答はこちら

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  2. 研究者目線からの論文読解を促す抄録フォーマット
  3. 文献管理のキラーアプリとなるか? 「ReadCube」
  4. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功
  5. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  6. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウ…
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  8. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  2. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  3. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集
  4. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  5. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  6. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  7. プロドラッグって
  8. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  9. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxidation
  10. Side Reactions in Organic Synthesis II

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP