[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結

株式会社三和化学研究所(本社/名古屋、社長/山本一雄、スズケングループ、以下三和化学)は、住友製薬株式会社(本社/大阪、社長/岡本康男、以下住友製薬)との間で、三和化学が、国内で承認申請中の糖尿病食後過血糖改善剤SK-983(一般名:ミグリトール)を、共同販促することで基本合意に達し、12月7日付けで契約を締結しましたので、お知らせいたします。

ミグリトールは食後の消化管内での糖の吸収を遅延させることにより、膵臓からのインスリン分泌を介することなく食後過血糖を改善し、それに伴い体内のインスリン必要量を低減させるα-グルコシダーゼ阻害剤です。
食後過血糖のコントロールは糖尿病性合併症の発症・進展の抑制や糖尿病そのものの進行予防を目指す観点から重要であり、また近年、動脈硬化発症のリスク低減に寄与することが注目されています。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 未来の病気診断はケータイで!?
  2. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  3. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  4. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  5. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  6. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  8. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より
  2. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  3. ビオチン標識 biotin label
  4. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  5. 史跡 土肥金山
  6. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  7. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  8. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」
  9. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  10. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

PAGE TOP