[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結

[スポンサーリンク]

株式会社三和化学研究所(本社/名古屋、社長/山本一雄、スズケングループ、以下三和化学)は、住友製薬株式会社(本社/大阪、社長/岡本康男、以下住友製薬)との間で、三和化学が、国内で承認申請中の糖尿病食後過血糖改善剤SK-983(一般名:ミグリトール)を、共同販促することで基本合意に達し、12月7日付けで契約を締結しましたので、お知らせいたします。

ミグリトールは食後の消化管内での糖の吸収を遅延させることにより、膵臓からのインスリン分泌を介することなく食後過血糖を改善し、それに伴い体内のインスリン必要量を低減させるα-グルコシダーゼ阻害剤です。
食後過血糖のコントロールは糖尿病性合併症の発症・進展の抑制や糖尿病そのものの進行予防を目指す観点から重要であり、また近年、動脈硬化発症のリスク低減に寄与することが注目されています。(引用:日本経済新聞

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  2. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  3. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材
  4. 健康食品から未承認医薬成分
  5. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表
  6. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  7. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  8. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中学入試における化学を調べてみた
  2. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  3. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  4. 含ケイ素四員環-その2-
  5. ヘロナミドA Heronamide A
  6. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  7. 目指せ!! SciFinderマイスター
  8. 医薬品の品質管理ーChemical Times特集より
  9. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明
  10. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP