[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2024年3月号:遠隔位電子チューニング・含窒素芳香族化合物・ジベンゾクリセン・ロタキサン・近赤外光材料

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年3月号がオンライン公開されています。

もうすぐ日本化学会年会ですね!!薬学会に行かれる方も多いでしょうか。とても楽しみにしている筆者です。

有機合成化学協会誌は今月号も充実の内容です。

キーワードは、「遠隔位電子チューニング・含窒素芳香族化合物・ジベンゾクリセン・ロタキサン・近赤外光材料です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:意 想 外

今月号の巻頭言は、大阪大学大学院工学研究科南方 聖司教授による寄稿記事です!
考えて考えて考え抜くことと、意想外なことを見出せる余裕のある状況、両者をいかに突き詰めるかが大事だと深く感じました。必読です。

遠隔位電子チューニングによるN-複素環式カルベン触媒の高性能化

猪熊 翼、山田健一*

*徳島大学大学院医歯薬学研究部(薬学域)

 本論文では、独自の触媒修飾法によるN-複素環式カルベン触媒の高性能化について、最新の成果を交えて紹介されている。

含窒素芳香族化合物の光化学的特性を活用する高立体選択的多環系骨格構築手法の開発

新井則義*

*北海道大学大学院工学研究院応用化学部門

 インドールとアレンとの分子内光[2+2]環状付加反応が作り出すユニークで多彩な分子フレームワーク。光[2+2]環状の魅力を存分に味わえます。効率的な分子変換も紹介されており、含窒素多環性有機化合物の世界が広がります。

ジベンゾクリセンの高生産性合成を礎とした八環性C60断片の合成

岩澤哲郎*

*龍谷大学先端理工学部応用化学課程

 C60のフラグメント化合物としてはコランニュレンやスマネンがよく知られていますが,本論文はそのファミリーの新メンバーとして構造的・機能的に興味深いジインデノクリセンとジヒドロジインデノクリセンの合成について述べたものです。フルオレノンの二量化という古典的反応の再発掘と注意深い再検討から始まり,目的分子のグラムスケール合成法へと至るストーリーに引き込まれます。

ロタキサン型色素の創製と効率的合成法の開拓

大石雄基、井上将彦*

*富山大学学術研究部薬学・和漢系

  本論文は、富山大学の大石先生、井上先生が推進している「ロタキサン型色素」の合成と発光特性について、[3]ロタキサン型、[4]ロタキサン型、および[5]ロタキサン型に分類して記載しています。各ロタキサン分子のコンポーネントは空間的に結びついて1分子として振る舞う点が特徴で、ユニークな合成法、興味深い化学構造、優れた機能について、魅力いっぱいに書かれています。[5]ロタキサンの合成時に使用している協調的補足戦略は、新しい反応や新触媒の開発のためのヒントになるように思われ、ロタキサン化学者ではない方にとっても必読の一稿です。

骨格炭素のアザ置換による狭エネルギーギャップ化を基盤とした近赤外光学材料開発

田中一生*、権 正行、伊藤峻一郎

*京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻

骨格炭素のアザ置換による挟エネルギーギャップ化を基盤とした近赤外光学材料の開発に関する田中一生先生らの継続的かつ充実した研究内容が、この総合論文にギュッと濃縮され紹介されています。特に「孤立FMO」に着眼したロジカルな分子設計は極めて鮮やかで、読者を楽しませてくれます。近赤外光学材料の化学の魅力や可能性が伝わる内容となっていますので、ぜひご一読ください。

Review de Debut

今月号のReview de Debutは1件です。オープンアクセスですのでぜひ。

アザアダマンタン骨格を有するDaphniphyllumアルカロイドの全合成 (名古屋大学大学院創薬科学研究科)楳窪成祥

ラウンジ

今月号のはラウンジがあります。筆者もJASON気になってました!同じような人は多いのではないでしょうか?必読です。

・NMRメーカーによるNMRユーザーのためのNMRデータ処理ソフトウェア「JASON」 (日本電子株式会社)朝倉克夫

感動の瞬間:スズメ百まで踊り忘れず 

今月号の感動の瞬間は、京都大学名誉教授・理事・副学長時任宣博先生による寄稿記事です。
時任先生の研究を知らない人は読者の中にはなかなかいないと思いますが、物語として読める貴重な記事かと思います。ぜひお読みください。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」
  2. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  3. 樹脂コンパウンド材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活…
  4. カルコゲン結合でロジウム二核錯体の構造を制御する!
  5. ラジカル種の反応性を精密に制御する-プベルリンCの世界初全合成
  6. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化
  7. ケムステV年末ライブ2023開催報告! 〜今年の分子 and 人…
  8. えれめんトランプをやってみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機アモルファス蒸着薄膜の自発分極を自在制御することに成功!
  2. 化学研究ライフハック: Firefoxアドオンで化学検索をよりスピーディに!
  3. 化学探偵Mr.キュリー7
  4. がんをスナイプするフェロセン誘導体
  5. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!
  7. 真島利行系譜
  8. 萩反射炉
  9. リンを光誘起!σ-ホールでクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応
  10. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP