[スポンサーリンク]


2007年 6月 13日

  1. 化学と工業

    最近うちのボスが日本化学会の会員専用月刊誌である「化学と工業」を私にくれます。理由は4月から彼は日本化学会の会員になったらしく、もらっても日本語が読めず、いらないのでラボで唯一の私にくれるのです。正直この雑誌、英語の雑誌はもちろ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  2. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  3. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  4. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  5. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  6. 研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】
  7. 「オプジーボ」の特許とおカネ

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

PAGE TOP