[スポンサーリンク]


2007年 9月 20日

  1. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

     ジョージ・マクレランド・ホワイトサイズ(George McClelland Whitesides, 1939年8月3日-)はアメリカの化学者である。米国ハーバード大学教授(写真:wikipedia)手がける研究領域は目がくらむほど幅広…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 単一分子の電界発光の機構を解明
  2. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  3. 個性あふれるTOC大集合!
  4. 有機合成化学協会誌2018年3月号:π造形科学・マグネシウムカルベノイド・Darzens反応・直接的触媒的不斉アルキニル化・光環化付加反応
  5. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化
  6. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  7. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP