[スポンサーリンク]


2007年 10月 22日

  1. アザジラクチンの全合成

    Synthesis of Azadirachtin: A Long but Successful Journey Veitch, G. E.; Beckmann, E.; Burke, B. J.; Boyer,  A.; Ma…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–
  2. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  3. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  4. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi
  5. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎
  6. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson
  7. カール・ダイセロス Karl Deisseroth

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

PAGE TOP