[スポンサーリンク]


2009年 7月 23日

  1. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry

    コンビナトリアル化学(combinatorial chemistry)とは、 「組み合わせ論に基づき、多数の化合物群(ライブラリー)を効率的に合成し、それらを様々な目的に応じて活用していく技術」のことです。 (さ…

  2. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

    Reductive and Transition-Metal-Free: Oxidation o…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クマリンを用いたプロペラ状π共役系発光色素の開発
  2. 新人化学者の失敗ランキング
  3. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  4. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  5. 自己修復する単一分子素子「DNAジッパー」
  6. 分析技術ーChemical Times特集より
  7. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

PAGE TOP