[スポンサーリンク]


2009年 7月 23日

  1. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry

    コンビナトリアル化学(combinatorial chemistry)とは、 「組み合わせ論に基づき、多数の化合物群(ライブラリー)を効率的に合成し、それらを様々な目的に応じて活用していく技術」のことです。 (さ…

  2. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

    Reductive and Transition-Metal-Free: Oxidation o…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  2. フェントン反応 Fenton Reaction
  3. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  4. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  5. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  6. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  7. 肩こりにはラベンダーを

注目情報

最新記事

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

PAGE TOP