[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

[スポンサーリンク]

パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である (写真はこちらより引用)。ニューヨーク大学教授。

経歴

1992 カリフォルニア大学バークレー校 卒業
1999 カリフォルニア大学アーバイン校 博士号取得 (James Nowick教授)
1999-2002 カリフォルニア工科大学 博士研究員(Peter Dervan教授)
2002 ニューヨーク大学に着任

受賞歴

2003 James D. Watson Inverstigator Award
2005 Research Corporation Cottrell Scholar Award
2006 Inaugural American Chemical Society ORG Young Investigator Symposium Award
2007 Golden Dozen Award for Outstanding Teaching

研究概要

ペプチド・ペプチド模倣体を用いて、タンパク質―タンパク質相互作用を標的とする生物有機化学研究に取り組んでいる。

(画像:The Arora Group

関連文献

  1. Sawyer, N.; Watkins, A. M.; Arora, P. S. Acc. Chem. Res. 2017, 50, 1313. doi:10.1021/acs.accounts.7b00130

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  2. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  3. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  4. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  5. デヴィッド・リー David A. Leigh
  6. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  7. 金城 玲 Rei Kinjo
  8. スティーブン・レイ Steven V. Ley

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  2. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~
  3. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ
  4. どろどろ血液でもへっちゃら
  5. 化学者ネットワーク
  6. 萩反射炉
  7. 痔の薬のはなし 真剣に調べる
  8. 2012年ケムステ人気記事ランキング
  9. 恋する創薬研究室
  10. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP