[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

[スポンサーリンク]

パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である (写真はこちらより引用)。ニューヨーク大学教授。

経歴

1992 カリフォルニア大学バークレー校 卒業
1999 カリフォルニア大学アーバイン校 博士号取得 (James Nowick教授)
1999-2002 カリフォルニア工科大学 博士研究員(Peter Dervan教授)
2002 ニューヨーク大学に着任

受賞歴

2003 James D. Watson Inverstigator Award
2005 Research Corporation Cottrell Scholar Award
2006 Inaugural American Chemical Society ORG Young Investigator Symposium Award
2007 Golden Dozen Award for Outstanding Teaching

研究概要

ペプチド・ペプチド模倣体を用いて、タンパク質―タンパク質相互作用を標的とする生物有機化学研究に取り組んでいる。

(画像:The Arora Group

関連文献

  1. Sawyer, N.; Watkins, A. M.; Arora, P. S. Acc. Chem. Res. 2017, 50, 1313. doi:10.1021/acs.accounts.7b00130

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  2. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  3. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  4. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  5. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  6. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo…
  7. エリック・カレイラ Erick M. Carreira
  8. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  2. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2
  3. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  4. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  5. ゲラニオール
  6. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  7. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  8. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  9. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  10. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手…

「化学と工業」読み放題になったの知ってますか?+特別キャンペーン

日本化学会会員の皆様に朗報です。会員が毎月届けられる「化学と工業」誌。じっくり読む人、パラパ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP