[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

[スポンサーリンク]

パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である (写真はこちらより引用)。ニューヨーク大学教授。

経歴

1992 カリフォルニア大学バークレー校 卒業
1999 カリフォルニア大学アーバイン校 博士号取得 (James Nowick教授)
1999-2002 カリフォルニア工科大学 博士研究員(Peter Dervan教授)
2002 ニューヨーク大学に着任

受賞歴

2003 James D. Watson Inverstigator Award
2005 Research Corporation Cottrell Scholar Award
2006 Inaugural American Chemical Society ORG Young Investigator Symposium Award
2007 Golden Dozen Award for Outstanding Teaching

研究概要

ペプチド・ペプチド模倣体を用いて、タンパク質―タンパク質相互作用を標的とする生物有機化学研究に取り組んでいる。

(画像:The Arora Group

関連文献

  1. Sawyer, N.; Watkins, A. M.; Arora, P. S. Acc. Chem. Res. 2017, 50, 1313. doi:10.1021/acs.accounts.7b00130

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  2. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  3. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  4. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  5. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  6. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  7. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  8. アレン・バード Allen J. Bard

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  2. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  3. 配位子保護金属クラスターを用いた近赤外―可視光変換
  4. sinceの使い方
  5. 素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備
  6. 第四回ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」開催報告
  7. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  8. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  9. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  10. オルト−トルイジンと発がんの関係

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP