[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

[スポンサーリンク]

パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者である (写真はこちらより引用)。ニューヨーク大学教授。

経歴

1992 カリフォルニア大学バークレー校 卒業
1999 カリフォルニア大学アーバイン校 博士号取得 (James Nowick教授)
1999-2002 カリフォルニア工科大学 博士研究員(Peter Dervan教授)
2002 ニューヨーク大学に着任

受賞歴

2003 James D. Watson Inverstigator Award
2005 Research Corporation Cottrell Scholar Award
2006 Inaugural American Chemical Society ORG Young Investigator Symposium Award
2007 Golden Dozen Award for Outstanding Teaching

研究概要

ペプチド・ペプチド模倣体を用いて、タンパク質―タンパク質相互作用を標的とする生物有機化学研究に取り組んでいる。

(画像:The Arora Group

関連文献

  1. Sawyer, N.; Watkins, A. M.; Arora, P. S. Acc. Chem. Res. 2017, 50, 1313. doi:10.1021/acs.accounts.7b00130

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Wo…
  2. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  3. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  4. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertwec…
  5. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  6. 金城 玲 Rei Kinjo
  7. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  8. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  2. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  3. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  4. 一重項分裂 singlet fission
  5. 化学系学生のための就活2019
  6. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Reaction
  7. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし
  8. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  9. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  10. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ネイティブスピーカーも納得する技術英語表現

(さらに…)…

第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催します!

第11回ケムステVシンポ、化学の中でも一大勢力を占める高分子科学から満を持しての登場です!今…

自己紹介で差がつく3つのポイント

自己紹介で何を見られていたのか?ある会社の採用面接の話です。先端技術の開発で注目をされているベン…

その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している DAICHAN と申し…

第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の…

コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!

第278回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 夫研究室の相澤 直矢(あいざわ なおや)さんにお…

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP