[スポンサーリンク]


2009年 11月 12日

  1. 分子びっくり箱

    ふたを開けると、ばねの力でボヨンと飛び出してくるびっくり箱。Science (2009, 325, 1668)に掲載された分子びっくり箱を紹介させて頂きます。  (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. デイヴィット・ベイカー David Baker
  2. 第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授
  3. 新規重水素化触媒反応を開発―医薬品への直接重水素導入を達成―
  4. 物凄く狭い場所での化学
  5. ボリレン
  6. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編
  7. 【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータの前処理-データ整理・把握や化学構造のSMILES変換のやり方を解説-

開催日:2022/10/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

今年のノーベル化学賞とも深く関連する、アジド化合物。受賞対象となったクリックケミストリーに加えて、ア…

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

PAGE TOP