[スポンサーリンク]


2010年 10月 09日

  1. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

    前回までに【速報】【お祭り編】【開拓者編】として、2010年のノーベル化学賞を解説してきました。3日ほどたって熱狂も一段落してきつつありますので、学術ブログらしくもう少し詳しい、化学的なおはなしを取り上げてみまし…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  2. 一重項励起子開裂を利用した世界初の有機EL素子
  3. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells
  4. ビオチン標識 biotin label
  5. チン・リン Qing Lin
  6. 化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編
  7. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー

注目情報

最新記事

第23回ケムステVシンポ『進化を続ける核酸化学』を開催します!

もう12月。2021年もおわりが近づいています。さて、今年最後のケムステVシンポとして第23…

KISTECおもちゃレスキュー こども救急隊・こども鑑識隊

おもちゃレスキューに君も入隊しよう!大事なおもちゃがこわれたら、どうしますか? …

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 〜コロナモラトリアム編〜

事実は小説より奇なり。「博士系なろう」という新ジャンルの開拓を目指し,博士を経て得られた文章力を全力…

乙卯研究所 研究員募集

公益財団法人乙卯研究所から研究員募集のお知らせです。自分自身でテーマを決めて好きな有機化学の研究…

SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』

先日公開されたこちらのケムステ記事と動画、皆さんご覧になって頂けましたでしょうか?https…

PAGE TOP