[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2021卒)

[スポンサーリンク]

当社は若手社員が活躍できる会社です!化学を専攻している学生であれば専門内容は問いません。
1年目から自分のテーマ、お客様を持ち、製品化の一連の流れに携わることができます。

当社は下記の4点を有する人財を求めています。
☆創造力 : 化学的思考と創造力で課題解決に取り組みたい。
☆積極性 : 自らの行動で新しい時代を切り拓きたい。
☆コミュニケーション力 : 目標達成のために、新しいこと・人・場所に立向える。
☆成長意欲 : 過去に捉われず、変化に柔軟に対応し、自らも変わり続けることで成長したい。

具体的には、
・材料開発を通じて革新的な製品を世に送り出し、社会に貢献したい方
・幅広い業務に携わり、新しい製品・事業の立上を経験したい方
・年齢に関係なく、活発に意見交換をしながら仕事を進めたい方
・入社1年目から主体的に業務に取り組み、様々なことにチャレンジしたい方

採用HPもぜひご覧ください!

募集内容

募集職種 研究開発職/技術開発職
仕事内容 【研究開発業務】
・電子材料、機能材料の基礎研究又は応用研究に取り組んでいただきます。
新しい技術分野や事業領域で様々な可能性を探り、潜在する研究の“シーズ”や“ニーズ”を新製品開発に繋げ、世の役に立つものを創り出す喜びが感じられる仕事です。
・ラボにおいて、1つのグループに所属し、各自がテーマを持って、仲間と協力しながらも、個人の裁量によって研究を推し進めていきます。
【技術開発業務】
・研究開発部門と製造部門をつなぐのが、技術開発部門です。
電子材料、機能材料の生産・製造技術に取り組んでいただきます。
具体的には、開発品試作、生産プロセス開発・設計、量産検討、工程改善、各種評価などです。
・例えば、試作業務はチーム制で行われ、先輩社員が懇切丁寧に指導をします。試作品はお客様の開発に使われ、お客様への貢献を肌で感じることができます。
【共通】
・課題やケースに応じて、他部署や味の素社研究チームと連携して、開発プロジェクトを遂行していくこともあります。
・技術研修、ビジネス研修、定期勉強会など様々な機会を通じて、自らを磨き、成長していける環境があります。
・創造力を駆使して、みずから問題提起し、積極的に困難を克服していこうとする姿勢が大切です。
応募資格 2021年3月に大学院を修了見込みの方で、職歴のない方
勤務地 本社(神奈川県川崎市川崎区鈴木町1-2)
※将来は転勤の可能性あり
勤務時間 8:30~17:00 ※フレックスタイム制度
給与 修士了235,280円 博士了251,780円
福利厚生 社員食堂/団体生命保険/社員持株会制度/分譲品購入/フィットネスクラブ割引/宿泊施設割引/英会話補助/各種福利厚生制度有
昇給・賞与 昇給 年1回(4月)/ 賞与 年2回(6月、12月)
諸手当 住宅手当(最大で家賃の8割補助、上限は60,000円)
休日休暇 完全週休2日制(土日祝)年末年始/創立記念日/労働祭
有給休暇(初年度12日 最高20日)/慶弔休暇
年間休日 122日
採用スケジュール ■会社見学会
応募期間:12月16日(月)~1月13日(月)
実施日程:1月20日(月)~1月24日(金)に実施を予定
実施場所:本社(川崎)
時間:3時間程度を予定
内容:会社説明・施設見学・若手社員との座談会等を予定
応募方法:メール送信( careers@aft-website.com )にてエントリー
⇒研究概要提出(書類選考)
定員:10名
※エントリーいただいた方に別途詳細をご案内いたします
■選考
応募期間:1月14日(火)以降
応募方法:メール送信( careers@aft-website.com )にてエントリー
選考フロー:
エントリー
⇒書類選考 ※別途、SPI適性検査をお受けいただきます
⇒面接(2回)
⇒内定
※エントリーいただいた方に別途詳細をご案内いたします
応募方法 連絡先に記載のメールアドレス宛( careers@aft-website.com )に
下記必要事項をご記載の上、メールをご送信ください。
・氏名:
・フリガナ:
・大学名:
・専攻:
・研究室名:
・TEL(携帯):
・メールアドレス:
件名に「2021新卒エントリー」とご記入ください
連絡先 味の素ファインテクノ株式会社
総務部 採用担当
E-Mail: careers@aft-website.com
Tel: 044-221-2528
住所: 〒210-0801 神奈川県川崎市川崎区鈴木町1-2

味の素ファインテクノの基本情報

会社名 【味の素グループ】味の素ファインテクノ株式会社
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区鈴木町1番2号
事業所 本社
活性炭事業部
群馬工場
事業内容 ・電子材料の製造・販売
・機能材料の製造・販売
・活性炭の製造・販売
 設立/創立 1942年創立/1998年設立
 資本金 315百万円
 売上高 非公開
 従業員数 295名 (2019年7月1日現在)
 ホームページ https://www.aft-website.com/

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  2. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  3. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  4. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカッ…
  5. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰で…
  6. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  7. 多才な補酵素:PLP
  8. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた【2019/8/1更…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  2. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始
  3. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援
  4. クロスカップリング反応関連書籍
  5. インドの化学ってどうよ
  6. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  7. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  8. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. <飲む発毛薬>万有製薬に問い合わせ殺到
  10. 毒劇アップデート

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP