[スポンサーリンク]


2010年 10月 10日

  1. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語

    さて、そろそろここでの終盤に差し掛かってきましたが、皆様ご理解いただけたでしょうか。もう一度復習いたしますと【速報編】で、とりあえず簡単に今回のノーベル化学賞についてお話しました。すかさず【お祭り編】で今回のノーベル化学賞による一般メディア…

  2. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown

    ハーバート・チャールズ・ブラウン(Herbert Charles Brown、1912年5月…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート
  2. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応
  3. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  4. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  5. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  6. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  7. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP