[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki

[スポンサーリンク]

柴崎正勝 (しばさき まさかつ、1947年1月25日-)は日本の有機化学者である。財団法人微生物化学研究センター化学研究センター長、同常務理事。東京大学 名誉教授。北海道大学 名誉教授。

経歴

1947年、埼玉県生まれ。2006年度・日本薬学会会頭。

1969 東京大学 卒業
1974 東京大学大学院 博士号取得(山田俊一教授)
1974-1977 ハーバード大学 博士研究員 (E. J. Corey教授)
1977 帝京大学 助教授
1983 相模中央研究所主任研究員
1986 北海道大学 教授
1991 東京大学大学院薬学系研究科 教授
2010 退職、東京大学名誉教授、北海道大学名誉教授。
2010 (財)微生物化学研究センター 化学研究センター長・常務理事

2006年 日本薬学会会頭。

 

受賞歴

1981 日本薬学会奨励賞
1994 井上学術賞
1996 Reagent of the Year (Fluka Prize)
1999 日本薬学会賞
2002 ACS アーサー・C・コープ スカラー賞
2003 紫綬褒章
2004 東レ科学技術賞
2005 日本学士院賞
2006 高峰記念三共賞
2006 日本希土類学会 塩川賞
2007 センテナリーメダル (英王立化学会)
2008 ACS 有機合成化学創造研究賞
2008 プレログメダル
2010 有機合成化学協会特別賞

 

研究

多点認識型不斉触媒の開発および生理活性物質合成への応用

ビナフトール(BINOL)骨格および糖骨格に基づく不斉触媒の開発が主要な業績。不斉触媒設計における「多点認識概念」に基づき、これまで困難とされてきた種々の反応を高い不斉収率にて進行させることに成功。不斉触媒分野における1995年-2005年の論文引用回数は世界一。

LLB.gif

開発した反応を応用し、エポチロン、ストリキニーネ、ホストリエシンなど多数の生物活性化合物の全合成も達成している。 最近ではハーバード大学のE.J.Coreyグループとほぼ同時に、抗インフルエンザ薬タミフルの不斉合成を報告し、話題となった[1]。石油原料である1,4-シクロヘキサジエンを出発物質としている点が特徴で、安定供給に向けての基礎的成果となりえる。

Tamiflu.jpg

名言集

タキソール様の分子を、地球環境に負の効果をもたらすことなくトンスケールで合成できれば、有機合成は人類にとって100%の成熟度に達したと言えるのではないか」

関連動画

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] (a) Fukuta, Y.; Mita, T.; Fukuda, N.; Kanai, M.; Shibasaki, M. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 6312. DOI:10.1021/ja061696k (b) Mita, T.; Fukuda, N.; Roca, F. X.;Kanai, M.; Shibasaki, M. Org. Lett. 2007, 9, 259. (c) Yamatsugu, K; Kamijo, S.; Suto, Y.; Kanai, M.; Shibasaki, M. Tetrahedron Lett. 2007, 48, 1403.(d) Yamatsugu, K.; Yin, L.; Kamijo, S.; Kimura, Y.; Kanai, M.; Shibasaki, M. Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 48, 1070. doi: 10.1002/anie.200804777

[2] “Author Profile” Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 6944. DOI : 10.1002/anie.200904210

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  2. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  3. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  4. 原田 明 Akira Harada
  5. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  6. 田中耕一 Koichi Tanaka
  7. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterj…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  2. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis
  3. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  4. 昭和電工、青色LEDに参入
  5. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  6. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  7. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン
  8. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益
  9. 不正の告発??
  10. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP