[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki

柴崎正勝 (しばさき まさかつ、1947年1月25日-)は日本の有機化学者である。財団法人微生物化学研究センター化学研究センター長、同常務理事。東京大学 名誉教授。北海道大学 名誉教授。

経歴

1947年、埼玉県生まれ。2006年度・日本薬学会会頭。

1969 東京大学 卒業
1974 東京大学大学院 博士号取得(山田俊一教授)
1974-1977 ハーバード大学 博士研究員 (E. J. Corey教授)
1977 帝京大学 助教授
1983 相模中央研究所主任研究員
1986 北海道大学 教授
1991 東京大学大学院薬学系研究科 教授
2010 退職、東京大学名誉教授、北海道大学名誉教授。
2010 (財)微生物化学研究センター 化学研究センター長・常務理事

2006年 日本薬学会会頭。

 

受賞歴

1981 日本薬学会奨励賞
1994 井上学術賞
1996 Reagent of the Year (Fluka Prize)
1999 日本薬学会賞
2002 ACS アーサー・C・コープ スカラー賞
2003 紫綬褒章
2004 東レ科学技術賞
2005 日本学士院賞
2006 高峰記念三共賞
2006 日本希土類学会 塩川賞
2007 センテナリーメダル (英王立化学会)
2008 ACS 有機合成化学創造研究賞
2008 プレログメダル
2010 有機合成化学協会特別賞

 

研究

多点認識型不斉触媒の開発および生理活性物質合成への応用

ビナフトール(BINOL)骨格および糖骨格に基づく不斉触媒の開発が主要な業績。不斉触媒設計における「多点認識概念」に基づき、これまで困難とされてきた種々の反応を高い不斉収率にて進行させることに成功。不斉触媒分野における1995年-2005年の論文引用回数は世界一。

LLB.gif

開発した反応を応用し、エポチロン、ストリキニーネ、ホストリエシンなど多数の生物活性化合物の全合成も達成している。 最近ではハーバード大学のE.J.Coreyグループとほぼ同時に、抗インフルエンザ薬タミフルの不斉合成を報告し、話題となった[1]。石油原料である1,4-シクロヘキサジエンを出発物質としている点が特徴で、安定供給に向けての基礎的成果となりえる。

Tamiflu.jpg

名言集

タキソール様の分子を、地球環境に負の効果をもたらすことなくトンスケールで合成できれば、有機合成は人類にとって100%の成熟度に達したと言えるのではないか」

関連動画

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] (a) Fukuta, Y.; Mita, T.; Fukuda, N.; Kanai, M.; Shibasaki, M. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 6312. DOI:10.1021/ja061696k (b) Mita, T.; Fukuda, N.; Roca, F. X.;Kanai, M.; Shibasaki, M. Org. Lett. 2007, 9, 259. (c) Yamatsugu, K; Kamijo, S.; Suto, Y.; Kanai, M.; Shibasaki, M. Tetrahedron Lett. 2007, 48, 1403.(d) Yamatsugu, K.; Yin, L.; Kamijo, S.; Kimura, Y.; Kanai, M.; Shibasaki, M. Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 48, 1070. doi: 10.1002/anie.200804777

[2] “Author Profile” Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 6944. DOI : 10.1002/anie.200904210

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 飯島澄男 Sumio Iijima
  2. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  3. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  4. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn
  5. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  6. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  7. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  8. 日本学士院賞・受賞化学者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  2. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  3. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  4. 科学警察研究所
  5. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  6. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応
  7. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  8. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthesis
  9. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  10. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP