[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown

[スポンサーリンク]

ハーバート・チャールズ・ブラウン(Herbert Charles Brown、1912年5月22日(ロンドン、イギリス生)-2004年12月19日)は、アメリカの有機化学者である。元・米国パデュー大学教授(画像:C&EN)。「有機ホウ素化合物を用いる新しい有機合成法の開発」の功績にて、1979年のノーベル化学賞を受賞している。

経歴

1912年、イギリスのロンドンに生まれる。1914年にアメリカに移住。

1936 シカゴ大学 卒業
1938 シカゴ大学 博士号取得
1939 シカゴ大学 インストラクター
1943 Wayne州立大学 助教授
1946 Wayne州立大学 准教授
1947 パデュー大学 教授
1959 パデュー大学 R.B.Wetherill研究教授
1968 シカゴ大学 名誉教授
1977 パデュー大学 退官
1978 パデュー大学 名誉教授

2004年、心臓麻痺にて死去。

 

受賞歴

1959 Nichols Medal
1960 ACS Award Creative Research in Synthetic Organic Chemistry
1968 the Linus Pauling Medal
1969 National Medal of Science
1971 Roger Adams Medal
1973 Charles Frederick Chandler Medal
1975 Madison Marshall Award
1976 CCNY Scientific Acievement Award Medal
1978 Allied Award
1978 Ingold Memorial Lecturer and Medal
1978 Elliott Cresson Medal
1979 ノーベル化学賞 (George Wittigとの共同受賞)
1981 プリーストリーメダル
1982 Perkin Medal
1985 AIC Gold Medal
1987 The National Academy of Sciences Award in Chemical Sciences
1987 Order of the Rising Sun, with Gold and Silver Star
1990 ACS Ralph and Helen Oesper Award
1998 ACS Herbert C. Brown Award

 

研究概要


ホウ素化合物を用いた新規な有機合成法の開発

HCB_2.jpg

Brown教授は有機ホウ素化合物の研究を主軸テーマとし、数々の合成試薬の開発・合成方法論の開拓を成し遂げた。ノーベル賞の授与対象ともなった研究テーマである。

たとえば現在でもカルボニル化合物の還元目的で広く用いられる、水素化ホウ素ナトリウム(NaBH4)と水素化ホウ素リチウム(LiBH4)は、彼にによって開発された試薬である。
これはもともと第二次世界大戦(WW II)の最中に、Hermann Irving Schlesinger教授とともに輸送可能な水素源の開発に取り組んでいた過程で発見された。

NaBH4_1.gif
水素化ホウ素ナトリウムにを用いるカルボニルの還元

またボラン(BH3)と多重結合の反応、引き続く酸化によってアルコールなどを合成するヒドロホウ素化反応は、現在でも精密合成領域で頻用される手法の一つである。

ene-ol11.gif
Brownヒドロホウ素化

さらに彼はこのヒドロホウ素化を応用し、キラルなホウ素化合物を種々創りだすことに成功した。後にこの研究は、カルボニル化合物の不斉還元法、アルデヒドの不斉アリル化反応を行う手法(Brownアリルホウ素化)へと結実していく。

asym_allylboration_1.gif
不斉アリルホウ素化反応(Brown法は、R*=Ipc)

コメント&その他

  1.  2010年にノーベル化学賞を受賞した根岸英一鈴木章の両氏は、ともにBrown教授に師事して研鑽を積んだ。特に鈴木教授はここでの研究経験にもとづき、独自のホウ素化学と、それを応用したクロスカップリング反応を開発するに至った。Brown教授自身もノーベル賞受賞者であり、有機化学界に彼が与えた影響は計り知れないものがある。
  2.  Brown教授が化学を生涯の仕事として選ぶことになったきっかけ、それは1936年の学士号取得時に、Sarah Baylen嬢(のちにBrown教授の妻となる)が彼にプレゼントした一冊の書物―『Hydrides of Boron and Silicon』(by A. Stock)―であった。これを読んだBrown教授はホウ素化学にのめり込み、後にノーベル賞を受賞するまでの研究成果をあげることになる。Sarahがこの本を選んだ理由は、大恐慌の時代にあって小遣いが少なく、たまたま書店でもっとも安く売られていた($2)ものを選んだ、ということだとか。
  3.  1935年にシカゴ大学に入学、わずか2年で全ての過程を終え、1936年に学士号を取得する。博士号もわずかに2年後の1938年に取得している。
  4. 彼の研究テーマで扱っていた元素はおもに水素(H)、炭素(C)、ホウ素(B)であり、驚くべきことにこれは彼のイニシャルH.C.B.とまったく同一の記号である!彼はそれをして「私がホウ素化学に携わることは運命であった」とまで言っている。まさしく。
  5.  2004年に死去するまで生涯現役の化学者として過ごし、66年の研究生活にわたって、1300報近くの論文を発表している。
  6. 彼は過去に「鈴木・根岸の両名をノーベル賞に推薦する」と述べた、と両氏は語っている。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Brown, H. C.; 鈴木章 化学と工業 1989, 42, 90.

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  2. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  3. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  4. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  5. デイヴィット・ベイカー David Baker
  6. ジョージ・フェール George Feher
  7. 城戸 淳二 Junji Kido
  8. ポール・ウェンダー Paul A. Wender

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Glenn Gould と錠剤群
  2. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より
  3. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  4. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  5. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  6. “CN7-“アニオン
  7. 化学系ラボの3Dプリンター導入ガイド
  8. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  9. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  10. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP