[スポンサーリンク]


2011年 7月 19日

  1. “click”の先に

    (図は下記論文より引用)クリックケミストリーは、K. B. Shaeplessが提唱した、簡便に2つのパーツ同士をつなぎあわせる反応です。特に、アルキンとアジドからトリアゾールが生じるHuisgen反応は、クリックケミストリーの代…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 水晶振動子マイクロバランス(QCM)とは~表面分析・生化学研究の強力ツール~
  2. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  3. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大
  4. 糖のC-2位アリール化は甘くない
  5. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  6. アメリカ企業研究員の生活①:1日の仕事の流れ
  7. 3.11 14:46 ②

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP