[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エストロゲン、閉経を境に正反対の作用

エストラジオールエストロゲンは若年女性においては心血管を弛緩させるが、閉経後の女性では化学変化が生じて逆の作用を来すことが、先ごろオーランドで開かれた「第2回女性、心疾患および脳卒中に関する国際会議」でジョージア医科大学の科学者らによって明らかにされた。閉経後女性におけるホルモン補充療法(HRT)による冠動脈疾患のリスク増大の原因解明と、こうした化学変化に手を加えることによりエストロゲンが再度安全なものとなることが期待される。(引用:週刊米国健康ニュース

 

エストロゲン(Estrogen)は卵巣濾胞や胎盤などから分泌される女性ホルモンの総称です。エストラジオール-17β、エストロン、エストリオールなどが含まれるが、エストラジオール-17βが最も作用が強いとされています。エストロゲンの分泌が減少すると(40代半ばごろ)に更年期症状などの原因となるため、多くのエストロゲン製剤が開発されています。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  2. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  3. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  4. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  5. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  6. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  7. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  8. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  2. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  3. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  4. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  5. 結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開
  6. レーン 超分子化学
  7. 道修町ミュージアムストリート
  8. 混合原子価による芳香族性
  9. 振動結合:新しい化学結合
  10. カルタミン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外…

PAGE TOP