[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エストロゲン、閉経を境に正反対の作用

エストラジオールエストロゲンは若年女性においては心血管を弛緩させるが、閉経後の女性では化学変化が生じて逆の作用を来すことが、先ごろオーランドで開かれた「第2回女性、心疾患および脳卒中に関する国際会議」でジョージア医科大学の科学者らによって明らかにされた。閉経後女性におけるホルモン補充療法(HRT)による冠動脈疾患のリスク増大の原因解明と、こうした化学変化に手を加えることによりエストロゲンが再度安全なものとなることが期待される。(引用:週刊米国健康ニュース

 

エストロゲン(Estrogen)は卵巣濾胞や胎盤などから分泌される女性ホルモンの総称です。エストラジオール-17β、エストロン、エストリオールなどが含まれるが、エストラジオール-17βが最も作用が強いとされています。エストロゲンの分泌が減少すると(40代半ばごろ)に更年期症状などの原因となるため、多くのエストロゲン製剤が開発されています。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の褒章2011-化学
  2. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  3. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  4. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  5. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. 分子標的薬、手探り続く
  7. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  8. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  2. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  3. アルツハイマー薬で副作用死
  4. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  5. M.G.フィン M. G. Finn
  6. 化学グランプリ 参加者を募集
  7. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表
  8. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  9. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  10. アルミニウムで水素分子を活性化する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP