[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エストロゲン、閉経を境に正反対の作用

エストラジオールエストロゲンは若年女性においては心血管を弛緩させるが、閉経後の女性では化学変化が生じて逆の作用を来すことが、先ごろオーランドで開かれた「第2回女性、心疾患および脳卒中に関する国際会議」でジョージア医科大学の科学者らによって明らかにされた。閉経後女性におけるホルモン補充療法(HRT)による冠動脈疾患のリスク増大の原因解明と、こうした化学変化に手を加えることによりエストロゲンが再度安全なものとなることが期待される。(引用:週刊米国健康ニュース

 

エストロゲン(Estrogen)は卵巣濾胞や胎盤などから分泌される女性ホルモンの総称です。エストラジオール-17β、エストロン、エストリオールなどが含まれるが、エストラジオール-17βが最も作用が強いとされています。エストロゲンの分泌が減少すると(40代半ばごろ)に更年期症状などの原因となるため、多くのエストロゲン製剤が開発されています。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  2. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  3. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)…
  4. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  5. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  6. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  7. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  8. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カーボン系固体酸触媒
  2. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  3. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」
  4. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction
  5. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  6. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  7. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein Rearrangement
  8. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  9. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  10. 高活性な不斉求核有機触媒の創製

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP