[スポンサーリンク]

ケムステニュース

エストロゲン、閉経を境に正反対の作用

[スポンサーリンク]

エストラジオールエストロゲンは若年女性においては心血管を弛緩させるが、閉経後の女性では化学変化が生じて逆の作用を来すことが、先ごろオーランドで開かれた「第2回女性、心疾患および脳卒中に関する国際会議」でジョージア医科大学の科学者らによって明らかにされた。閉経後女性におけるホルモン補充療法(HRT)による冠動脈疾患のリスク増大の原因解明と、こうした化学変化に手を加えることによりエストロゲンが再度安全なものとなることが期待される。(引用:週刊米国健康ニュース

 

エストロゲン(Estrogen)は卵巣濾胞や胎盤などから分泌される女性ホルモンの総称です。エストラジオール-17β、エストロン、エストリオールなどが含まれるが、エストラジオール-17βが最も作用が強いとされています。エストロゲンの分泌が減少すると(40代半ばごろ)に更年期症状などの原因となるため、多くのエストロゲン製剤が開発されています。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…
  2. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  3. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  4. 韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について
  5. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  6. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  7. 2007年秋の褒章
  8. 2008年ウルフ賞受賞者発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  2. 反応中間体の追跡から新反応をみつける
  3. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  4. クリックケミストリー / Click chemistry
  5. Nature Chemistryデビュー間近!
  6. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  7. DOWとはどんな会社?-1
  8. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB
  9. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より
  10. 「花粉のつきにくいスーツ」登場

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP