[スポンサーリンク]


2011年 8月 02日

  1. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレックス : Boron Trifluoride – Ethyl Ether Complex

    アリールエポキシドの立体選択的な開環ヒドロフッ素化反応Daviesらはアリールエポキシドの立体選択的な開環ヒドロフッ素化反応を報告しています。本報告によると,0.33当量のBF3• OEt2を用いて-20 ℃で反応するこ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  2. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  3. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  4. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  5. 高分子の合成(上)(下)
  6. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex
  7. ノッド因子 (Nod factor)

注目情報

最新記事

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

PAGE TOP