[スポンサーリンク]

J

ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination

[スポンサーリンク]

 

概要

N-アルキルスルホキシイミンのα位をアニオン化した後、カルボニルへの付加を行うことでアルデヒドやケトンをオレフィンへと変換する反応。光学活性なスルホキシイミンを用いれば、ケトンの光学分割も行える。

 

基本文献

  • Johnson, C. R.; Kirchhoff, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1979101, 3602. DOI: 10.1021/ja00507a028

 

反応機構

one-en18.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. リード反応 Reed Reaction
  2. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker R…
  3. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  4. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…
  5. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  6. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  7. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  8. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中国化学品安全協会が化学実験室安全規範(案)を公布
  2. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  3. 第7回 慶應有機化学若手シンポジウム
  4. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  5. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用
  6. C–S結合を切って芳香族を非芳香族へ
  7. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement
  8. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  9. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!
  10. ついったー化学部

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP