[スポンサーリンク]

J

ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination

[スポンサーリンク]

 

概要

N-アルキルスルホキシイミンのα位をアニオン化した後、カルボニルへの付加を行うことでアルデヒドやケトンをオレフィンへと変換する反応。光学活性なスルホキシイミンを用いれば、ケトンの光学分割も行える。

 

基本文献

  • Johnson, C. R.; Kirchhoff, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1979101, 3602. DOI: 10.1021/ja00507a028

 

反応機構

one-en18.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. リード反応 Reed Reaction
  2. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  3. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  4. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol React…
  5. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  6. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  7. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  8. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speie…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  3. 化学物質だけでiPS細胞を作る!マウスでなんと遺伝子導入なしに成功
  4. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glycosynthase (Endo-M-N175Q)
  5. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!
  6. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  7. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表
  8. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activation
  9. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用
  10. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP