[スポンサーリンク]

J

ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination

 

概要

N-アルキルスルホキシイミンのα位をアニオン化した後、カルボニルへの付加を行うことでアルデヒドやケトンをオレフィンへと変換する反応。光学活性なスルホキシイミンを用いれば、ケトンの光学分割も行える。

 

基本文献

  • Johnson, C. R.; Kirchhoff, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1979101, 3602. DOI: 10.1021/ja00507a028

 

反応機構

one-en18.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  2. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  3. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  4. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangeme…
  5. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  6. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  7. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (P…
  8. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 創薬化学
  2. リッター反応 Ritter Reaction
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  4. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  5. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!
  6. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  7. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  8. 有機反応の仕組みと考え方
  9. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  10. 化学企業のグローバル・トップ50

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP