[スポンサーリンク]

J

ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination

 

概要

N-アルキルスルホキシイミンのα位をアニオン化した後、カルボニルへの付加を行うことでアルデヒドやケトンをオレフィンへと変換する反応。光学活性なスルホキシイミンを用いれば、ケトンの光学分割も行える。

 

基本文献

  • Johnson, C. R.; Kirchhoff, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1979101, 3602. DOI: 10.1021/ja00507a028

 

反応機構

one-en18.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von …
  2. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…
  3. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…
  4. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentati…
  5. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  6. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  7. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…
  8. 永田試薬 Nagata Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  2. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  3. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  4. 飯島澄男 Sumio Iijima
  5. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  6. 有機アジド(2):爆発性
  7. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  8. マダンガミンの網羅的全合成
  9. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  10. 高峰公園

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP