[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 准教授。(写真:研究室紹介)

経歴

2000 東京工業大学 工学部 化学工学科 卒業
2002 東京工業大学 理工学研究科 応用化学専攻 修士課程修了
2005 東京工業大学 理工学研究科 博士号取得
2005-2006 株式会社ケムジェネシス 開発本部 主任研究員
2006-2008 ハーバード大学 化学・化学生物学科 博士研究員
2008-2015 東京工業大学 大学院理工学研究科 応用化学専攻 助教
2015-現在 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 准教授

受賞歴

2004 第86回有機合成シンポジウムポスター賞
2005 第40回天然物化学談話会奨励賞
2008 有機合成化学協会日産化学工業研究企画賞
2010 東京工業大学工系若手奨励賞
2015 日本化学会第95春季年会「若い世代の特別講演会」講演者
2016 第35回有機合成化学奨励賞

研究概要

効率的な有機合成手法の開発、特に天然物合成法およびマイクロフロー合成法の開発

2014年、マイクロフローリアクターを用いる迅速ペプチド縮合法の開発に成功[1]。これを用いて合成困難な天然物フェグリマイシンの全合成を達成している[2]。

研究室紹介より引用

 

参考文献

  1. Fuse, S.; Mifune, Y.; Takahashi, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 851. DOI: 10.1002/anie.201307987
  2. Fuse, S.; Mifune, Y.; Nakamura, H.; Tanaka, H. Nat. Commun. 2016, 7, 13491. doi:10.1038/ncomms13491

ケムステ内関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  2. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  3. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  4. Junfeng Zhao
  5. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  6. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  7. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  8. ベン・シェンBen Shen

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  2. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis
  3. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis
  4. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction
  5. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  6. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  7. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement
  8. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】
  9. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  10. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP