[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 准教授。(写真:研究室紹介)

経歴

2000 東京工業大学 工学部 化学工学科 卒業
2002 東京工業大学 理工学研究科 応用化学専攻 修士課程修了
2005 東京工業大学 理工学研究科 博士号取得
2005-2006 株式会社ケムジェネシス 開発本部 主任研究員
2006-2008 ハーバード大学 化学・化学生物学科 博士研究員
2008-2015 東京工業大学 大学院理工学研究科 応用化学専攻 助教
2015-現在 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 准教授

受賞歴

2004 第86回有機合成シンポジウムポスター賞
2005 第40回天然物化学談話会奨励賞
2008 有機合成化学協会日産化学工業研究企画賞
2010 東京工業大学工系若手奨励賞
2015 日本化学会第95春季年会「若い世代の特別講演会」講演者
2016 第35回有機合成化学奨励賞

研究概要

効率的な有機合成手法の開発、特に天然物合成法およびマイクロフロー合成法の開発

2014年、マイクロフローリアクターを用いる迅速ペプチド縮合法の開発に成功[1]。これを用いて合成困難な天然物フェグリマイシンの全合成を達成している[2]。

研究室紹介より引用

 

参考文献

  1. Fuse, S.; Mifune, Y.; Takahashi, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 851. DOI: 10.1002/anie.201307987
  2. Fuse, S.; Mifune, Y.; Nakamura, H.; Tanaka, H. Nat. Commun. 2016, 7, 13491. doi:10.1038/ncomms13491

ケムステ内関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  2. 北川 進 Susumu Kitagawa
  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  4. マックス・プランク Max Planck
  5. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  6. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  7. ヨン・ピエール Jorn Piel
  8. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 視覚を制御する物質からヒントを得た異性化反応
  2. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  3. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった
  4. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  5. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授
  6. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  7. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  8. 第35回構造有機化学討論会
  9. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigenation
  10. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP