[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

[スポンサーリンク]

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。名古屋大学教授。(写真:研究室紹介)

経歴

2000 東京工業大学 工学部 化学工学科 卒業
2002 東京工業大学 理工学研究科 応用化学専攻 修士課程修了
2005 東京工業大学 理工学研究科 博士号取得
2005-2006 株式会社ケムジェネシス 開発本部 主任研究員
2006-2008 ハーバード大学 化学・化学生物学科 博士研究員
2008-2015 東京工業大学 大学院理工学研究科 応用化学専攻 助教
2015-2019 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 准教授
2019- 名古屋大学大学院創薬研究科 教授

受賞歴

2004 第86回有機合成シンポジウムポスター賞
2005 第40回天然物化学談話会奨励賞
2008 有機合成化学協会日産化学工業研究企画賞
2010 東京工業大学工系若手奨励賞
2015 日本化学会第95春季年会「若い世代の特別講演会」講演者
2016 第35回有機合成化学奨励賞

研究概要

効率的な有機合成手法の開発、特に天然物合成法およびマイクロフロー合成法の開発

2014年、マイクロフローリアクターを用いる迅速ペプチド縮合法の開発に成功[1]。これを用いて合成困難な天然物フェグリマイシンの全合成を達成している[2]。

研究室紹介より引用

 

参考文献

  1. Fuse, S.; Mifune, Y.; Takahashi, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 851. DOI: 10.1002/anie.201307987
  2. Fuse, S.; Mifune, Y.; Nakamura, H.; Tanaka, H. Nat. Commun. 2016, 7, 13491. doi:10.1038/ncomms13491

ケムステ内関連記事

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  2. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  3. 文化勲章・受章化学者一覧
  4. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  5. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  6. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  7. トム・マイモニ Thomas J. Maimone
  8. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリ塩化ビニルがセンター試験に出題されたので
  2. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~
  3. 誤解してない? 電子の軌道は”軌道”ではない
  4. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  5. ニトログリセリン / nitroglycerin
  6. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  7. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  8. アステラス病態代謝研究会 2019年度助成募集
  9. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination
  10. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP