[スポンサーリンク]


2011年 9月 06日

  1. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?

    広島大の山脇成人教授(精神神経医科学)らの研究グループがうつ病の診断に、脳細胞を活性化するたんぱく質の遺伝子の働き具合を指標とする新しい方法を開発した。    採血から2日後にほぼ確実に診断できるという。うつ病の診断は、医師…

  2. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

    Molecular Complexity via C-H Activation: A…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 白リン / white phosphorus
  2. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  3. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson
  4. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用
  5. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  6. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  7. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

注目情報

最新記事

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

PAGE TOP