[スポンサーリンク]

一般的な話題

分子研オープンキャンパス2022 参加登録受付中!

[スポンサーリンク]

突然ですが、国の研究所である分子科学研究所で修士・博士課程を過ごす選択肢があることをご存知ですか?

 

分子科学研究所は、日本の分子科学の中核的研究拠点として1975年に愛知県岡崎市に設立された大学共同利用機関です。全国の大学からの利用を見込んだ最先端の設備を擁するとともに、化学・物理・生命にまたがる幅広い分野を「分子科学」の観点で開拓する第一線の研究者たちが在籍し、日々研究に取り組んでいます。

 

分子科学研究所には国立大学法人 総合研究大学院大学の2専攻(構造分子科学専攻・機能分子科学専攻)が置かれており、大学院教育を行っています。潤沢な研究リソースや大学院生全員へのリサーチアシスタント給与制度など、学生が研究に思いっきり打ち込むには理想的な環境です。

 

例年6月初旬に、進学を検討している学生や分子科学に興味のある学生を対象にオープンキャンパス(大学院説明会・体験入学説明会)を開催しています。学部4年生や修士2年生だけでなく幅広い学生のみなさんの参加をお待ちしてます。

 

■概要

開催日時:2022年6月4日(土)10時~16時(予定)

申込締切日時:6月3日(金)16時

開催方法:zoomを使ったオンライン形式

詳細URL:https://www.ims.ac.jp/education/event.html

参加登録フォーム:https://registration.ims.ac.jp/daigakuin_taikeninfo2022/

 

プログラム:

10:00~12:15

・所長から参加者のみなさんへ

・総合研究大学院大学の説明

・分子研の研究室の紹介(1研究室5分x15研究室)

・分子研体験入学の説明

 

13:15~16:00 オンラインラボツアー(参加研究室一覧

・第一部 13:20~14:10(5研究室)

・第二部 14:10~15:00(5研究室)

・第三部 15:00~15:50(5研究室)

 

■分子研の研究

最近の研究成果がChem-Stationのスポットライトリサーチで紹介されています。

 

■関連動画

分子科学研究所2021一般公開

■関連書籍

光電子分光詳論: 基礎から学ぶ原子配列・電子構造イメージング

光電子分光詳論: 基礎から学ぶ原子配列・電子構造イメージング

松井 文彦, 松下 智裕, 大門 寛
¥5,940(as of 04/22 00:40)
Amazon product information
アト秒科学: 1京分の1秒スケールの超高速現象を光で観測・制御する

アト秒科学: 1京分の1秒スケールの超高速現象を光で観測・制御する

大森 賢治, 石井 順久, 石川 顕一, 板谷 治郎, 香月 浩之, 森下 亨, 渡部 俊太郎
¥4,180(as of 04/22 03:32)
Amazon product information

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. MEDCHEM NEWS 32-2号 「儲からないが必要な薬の話…
  2. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を…
  3. 低分子医薬に代わり抗体医薬がトップに?
  4. 「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?
  5. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!
  6. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!
  7. 日本化学会 第103春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン P…
  8. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  2. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  3. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  4. アズレンの蒼い旅路
  5. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  6. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  7. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  8. メンデレーエフ空港
  9. DOWとはどんな会社?-1
  10. 化学と株価

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP