[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis

概要

ベンズアルデヒドもしくはフェニルケトン誘導体と、アミノアセトアルデヒドアセタールからイソキノリンを得る方法。

ベンジルアミンとグリオキサールヘミアセタールの組み合わせを用いても同様の反応が行える (Schlittler-Muller変法)。

 

基本文献

  • Pomeranz, C. Monatsh 1893, 14, 116.
  • Fritsch, P. Ber. 1893, 26, 419.
  • Schlittler, E.; Muller, J. Helv. Chim. Acta 194831, 914, 1119.

 

反応機構

pomeranz_fritsch_3.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  2. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…
  3. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid…
  4. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…
  5. プラトー反応 Prato Reaction
  6. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  7. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  8. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Py…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 科学はわくわくさせてくれるものーロレアル-ユネスコ賞2015 PartII
  2. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  3. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  4. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  5. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  6. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC
  7. 保護により不斉を創る
  8. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  9. 窒素固定をめぐって-1
  10. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボード」の巻

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP