[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis

概要

ベンズアルデヒドもしくはフェニルケトン誘導体と、アミノアセトアルデヒドアセタールからイソキノリンを得る方法。

ベンジルアミンとグリオキサールヘミアセタールの組み合わせを用いても同様の反応が行える (Schlittler-Muller変法)。

 

基本文献

  • Pomeranz, C. Monatsh 1893, 14, 116.
  • Fritsch, P. Ber. 1893, 26, 419.
  • Schlittler, E.; Muller, J. Helv. Chim. Acta 194831, 914, 1119.

 

反応機構

pomeranz_fritsch_3.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  2. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  3. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Bor…
  4. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid…
  5. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…
  6. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  7. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  8. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  2. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis
  3. 金属を使わない触媒的水素化
  4. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group
  5. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  6. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  7. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  8. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  9. 誤った科学論文は悪か?
  10. ブラッドリー・ムーアBradley Moore

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP