[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

概要

ベンズアルデヒドもしくはフェニルケトン誘導体と、アミノアセトアルデヒドアセタールからイソキノリンを得る方法。

ベンジルアミンとグリオキサールヘミアセタールの組み合わせを用いても同様の反応が行える (Schlittler-Muller変法)。

 

基本文献

  • Pomeranz, C. Monatsh 1893, 14, 116.
  • Fritsch, P. Ber. 1893, 26, 419.
  • Schlittler, E.; Muller, J. Helv. Chim. Acta 194831, 914, 1119.

 

反応機構

pomeranz_fritsch_3.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  2. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  3. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  4. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  5. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  6. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  7. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  8. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する
  2. アスパルテーム /aspartame
  3. 長期海外出張のお役立ちアイテム
  4. 孫悟飯のお仕事は?
  5. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  6. 化学 2005年7月号
  7. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  8. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル
  9. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  10. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP