[スポンサーリンク]


2012年 1月 31日

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイ…

  2. カルノシン酸 : Carnosic Acid

    (さらに…)…

  3. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!

    1月に発表されたWolf化学賞ですが、2012年はUniv. HarverdのCharles Lie…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 走り出すグリーンイノベーション基金事業~採択テーマと実施企業が次々に発表される~
  2. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  3. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授
  4. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement
  5. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】
  7. 有機合成化学協会誌2019年7月号:ジアステレオ選択的Joullié-Ugi三成分反応・(-)-L-755,807 の全合成・結晶中構造転移・酸素付加型反応・多孔性構造体

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

PAGE TOP