[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement

 

概要

β-アミノアルコールを亜硝酸で処理すると、環拡大したケトンが生成物として得られる。原料は、ケトンへのHCN
or ニトロメタンの付加、それに続く還元により得られる。

 

基本文献

 

反応機構

n-on-24.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…
  2. ブルック転位 Brook Rearrangement
  3. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective G…
  4. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  5. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red…
  6. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduc…
  7. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  8. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : Bis(hexafluoroacetylacetonato)copper(II) Hydrate
  2. アクリルアミド /acrylamide
  3. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  4. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  5. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を【更新版】
  6. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds
  7. ESIPTを2回起こすESDPT分子
  8. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  9. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより
  10. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP