[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

β-アミノアルコールを亜硝酸で処理すると、環拡大したケトンが生成物として得られる。原料は、ケトンへのHCN
or ニトロメタンの付加、それに続く還元により得られる。

 

基本文献

 

反応機構

n-on-24.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  2. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  3. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…
  4. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reage…
  5. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  6. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fr…
  7. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…
  8. スワーン酸化 Swern Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  2. JSRとはどんな会社?-2
  3. 富士写、化学材料を事業化
  4. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol Oxidative Cleavage
  5. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  6. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  7. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  8. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  9. ヒドラジン
  10. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP